開票ストップ

2020年11月5日

昨日はあれからバイデンが選挙人をどんどん獲得した。トランプ優位の州がいつの間にかバイデン優位になって
とうとうバイデンが獲得した。裏があるようで今日になって事実が確認された。
バイデン側が未明にウィスコンシン州ミシガン州に不法なバイデン票を一瞬の間に10数万票も入って
逆転したのだ。
https://anonymous-post.mobi/archives/4639?fbclid=IwAR0Wa2hDRUQvGFFjq2_OnxNjHeem7NbtQtmivlc9jn8Fej7jq5NvK9pM-m8

さらにバイデンが日本時間で10月25日に、バイデン自身が自分は不法投票の巨大な組織を作り上げたと暴露している
動画が見つかった。
https://togetter.com/li/1613436?fbclid=IwAR3Q4wiNjdC5tmkccDtQYBys850xdX09_c8I6aQAJLIOISJseLS2TwZNziE

実に卑劣だ。ラストベルトはトランプが優位に立っていたのをその2州をひっくり返した。不正な方法で。
そしてネバダ州をバイデンが取れば過半数の270になり当選になるが、ネバダ州は今真夜中で開票がストップ。
僅かな差で逆転もあり得る。東部の3州はトランプ優勢で接戦だが、トランプが取ってしかもネバダ州を逆転すれば逆にトランプが過半数
超える。アラスカは開票率がストップしているが、トランプがバイデンの2倍の票を得ていてトランプが取るのは確実だ。
問題は不正投票についてトランプが異議を申し立てて訴訟を起こすだろう。その場合は決着は来年まで持ち越しになるかも
知れない。いずれにせよ中国共産党の息のかかったバイデンが大統領になればアメリカも日本もお終いだ。中国が我が物顔で
世界中を席巻して中国が世界の覇権を握るようになって大事になる。トランプが再選すれば4年間の間に中国の勢いを食い止めて
衰退させてもうグーの音も言えなくなって中国共産党は瓦解するかも知れない。そうなると世界中が安泰になって一安心だ。
が、平和ボケした日本人やメディアは全然分かっていない。バイデンヨイショでトランプを悪の権化のように貶している。
本当はトランプが救世主なのだが、左派のメディアからすれば中国共産党に都合の悪い人間は悪魔化されてしまう。
中国共産党がいかに世界中で酷い事をしているか、国内で酷い事をしているのかも報道しない。見て見ぬ振りして世界中を欺いている。
今回のアメリカ大統領選挙には裏で中国共産党が糸を引いているのは確かだ。中国共産党は自分たちにとって都合の悪い
人物をアメリカ大統領にしないように必死なのだ。中国共産党の言いなりになる人物をアメリカ大統領に据えたいのだ。

昨日も不自由な格好でシャワー浴した。装具を濡らさないようにして。装具がきついと座るのもままならない。無理して座ると
腰が痛くなる。装具が邪魔して左ひざが座布団に接地出来ない。これが1か月も続くと思うとしんどい。助けて―!!!
昨夜は月齢18.7の月が煌々と輝いて東のお空から昇っていた。撮影して画像処理して各所にアップした。
今日もマスクをして車で買い物に行った。ヒロデンの宝くじ売り場に行って換金した。300円が2枚当たって600円也。
3億円なんて不可能に近い。でも当たる人がいるので当たる人は当たるのだ。もしかしたら権力者が当選番号を自分たちのに
当たるように裏で操作しているかも知れない。考えすぎ。南の道路を通って帰った。帰宅して選挙速報を見てバイデンが王手を
かけたままだ。新しい45リットルのビニール袋を出して枝切りばさみの入ったケースをベルトに付けて外に出た。庭仕事した。
不燃ごみも拾った。母宅に上がってお参りした。帰宅して手を洗った。昼の薬を飲んで洗濯物を収納した。昼食を食べてアマニ油を飲んだ。