二二六事件

2021年2月26日

1936年2月26日、皇道派の陸軍将校の北一輝が社会の現状を危ぶみ、弱者救済を求めて(8時間労働、中学校義務化、婦人労働権、子供たちに昼食を無料で食べさせよう、その他各種の弱者救済を求めていた)
財閥解体天皇を国体護持した社会主義革命を求めてクーデターを起こした。
政界や財界の大物は粛正されたが、逮捕されて死刑になった。
北一輝の求めていたものは社会主義共産主義であり、アメリカなどの資本主義は悪で
ソ連スターリン主義こそ日本を救う道だと信じて正義感に燃えていた。
当時は財閥や地位の高い政治家は悠々自適の生活を送っていたが、庶民は貧しかった。
この当時の日本は皇道派と統制派に分かれていて、北一輝皇道派だったが、スターリン主義の思想で、弱者救済するには天皇を頂点とする社会主義による国家統制が必要だと考えていた。
戦前・戦中の日本は右傾化ではなくて左翼思想に染まっていて軍も含めて社会主義寄りの考えだった。以外に思うかも知れないが、本当です。
北一輝のクーデターは失敗に終わったが、あくまでも弱者救済を求めての行動だったという事は強調しておきたい。