バイデンの師匠はソ連を作った人物だった

経営科学出版のメルマガより

-------------------------------------------------

突然ですが、あなたはこの人物をご存知ですか?

 



実は、この人物が今回のウクライナ戦争を読み解く鍵となる重要人物なのです...


この人物は、アメリカの政治家、アヴァレル・ハリマンです。


アヴァレル・ハリマンは、アメリカの鉄道王と呼ばれたエドワード・ハリマンの息子で、第2次世界大戦中は、
大統領特別代理としてイギリス、ソ連との交渉にあたった人物だと、あなたも歴史の教科書で習ったことがあると思います。


しかし、なぜ30年以上も前に亡くなったハリマンが今回のウクライナ戦争を読み解く鍵となるのか、とあなたは不思議に思うかもしれません。


実は、このハリマンについて、歴史教科書では語られない衝撃の事実があったのです...

それは、実はハリマンはソ連を作り上げた人物であるということです。

それは一体どういうことなのでしょうか?

ソ連は、レーニン率いるボルシェビキが、ロシア革命によって作ったと私たちは教科書で習ってきましたが...

スタンフォード大学フーヴァー研究所の研究員で、経済学者、歴史学者、作家のアントニー・C・サットンは

ソ連ユダヤ系国際金融資本によって創設され維持された」と暴露しています。

さらに、アヴェレル・ハリマン自身、「スターリンは、アメリカの支援と技術協力によってソ連は作られたと言った」と証言しているのです。

つまり、ハリマンはロシア人に憎しみを持ち、ロシア帝国を転覆させたユダヤ人の1人だったのです...

しかし、衝撃の事実はそれだけではありません...

なんと、ロシア革命を起こしたハリマンと、現アメリカ大統領バイデン氏には実は深い繋がりがあったというのです...

というのも、1972年、バイデン氏がまだ29歳という若さで連邦上院選に当選したとき、バイデン氏の師匠として、
教育をしていたのが、このアヴァレル・ハリマンだったのです...

その時から、アヴァレル・ハリマンはバイデン氏に反ロシア思想を教え込んでいき、、、
それが、今起こっているウクライナ戦争の引き金となっているのです...

このような話、信じられないかもしれません。

しかし、こちらの速報配信で河添先生が衝撃の真相を解説しています。

ロシア革命を起こしたハリマンから継承されてきた「ロシア政策」の全貌とは?

ハリマンの教えを引き継ぎ、ウクライナ戦争を激化させるバイデン大統領の狙いとは一体?