エイズワクチンの闇

ノーベル賞を受賞したモンタニエ博士はHIV(人免疫不全ウィルス)を発見したと発表している。1984年にギャロ博士は、モンタニエ博士の論文を盗用してHIVエイズ後天性免疫不全症候群)の原因であると
発表している。アンソニー・ファウチはギャロ博士の論文を利用してHIVエイズの原因だと言うプロパガンダを始めた。
しかし、HIVはCovid19と同じく単独で抽出されていない。エイズワクチンはまだ出来ていない。ファウチとギャロは仲間です。
エイズの末期患者からはHIVはほとんど検出されていない。
ギャロ博士はエイズワクチン(牛痘ウィルスとHIVウィルスを混合したもの)と称する生体実験をフランスでしていて、19人の被験者のうち、3名が死亡hしていて、脳細胞が壊死していた。それでもそういった事実は伏せて、エイズワクチンを
作ったと宣言した。そのワクチンと称するワクチンを特許申請した。
その病院は不審だとしてもフランス政府に報告している。その後、ビル・ゲイツも絡んできた。それからビル・ゲイツとファウチは合体して今日に至っている。

https://www.youtube.com/watch?v=QrLAnxg7V-o

 

<a href="https://www.youtube.com/watch?v=QrLAnxg7V-o">https://www.youtube.com/watch?v=QrLAnxg7V-o