8月17日はインドネシアの独立記念日です

2021/8/17
インドネシア独立記念日」  歴史
ダイレクト出版の2018年8月9日のメールマガジンより引用

----------------------------------------------------------------


1945年8月17日。日本の終戦記念日から2日後。インドネシア独立記念日となりました。

約300年によるオランダの植民地支配その後、約3年による日本の支配得て、独立を果たしたのですが、
その中で行われていた植民地政策は実際どんなものだったか?


<1>集会をすると死刑

住民の集会は一切禁止し、独立運動家はすべてニューギニアなどの島に流刑、または死刑。
3人以上のインドネシア人が路上で立ち話をすることすら許されませんでした。

一部の公共施設には「犬とインドネシア人の立ち入り禁止」と書かれた看板も、、

 

<2>平均寿命を35歳までにした「強制栽培制度」

400万人のインドネシア人にオランダの利益になる生産物を強制的に栽培させ、
それは実にオランダの国家予算の3分の1以上を占めました。
そのせいで、インドネシアの食料自給体制は解体し、多くの村が崩壊し、餓死者が続出し
平均寿命は35歳にまで低下しました。ある村の人口は33万人から12万に、また違う村では8万から9000人にまで人口が減少。

 

<3>「愚民政策」インドネシア人の大卒者は10人

愚民政策とは、人民を無知の状態にして支配しやすくしようとする政策で、
教育は基本的に禁止。学校に通えたのは僅か数%。
大学卒業のインドネシア人は年に10人程度だったと言われています。


3つの例を紹介しましたが、
これは一部で他にも7個あり、


さらに日本軍が行った
日本人の知らない10の植民地政策
も公開しています。


続きはコチラ(動画はリンク切れになっていて現在は視聴出来ません)


PS.

考えてみて下さい。

つい50年ほど前まで日本に植民地支配されていたにも関わらず、今やインドネシア
世界一の親日国と言われています。これはかなり異常なことではないでしょうか・・?


その理由はこちら(動画はリンク切れになっていて現在は視聴できません)

----------------------------------------------------------------------------------------------
引用終了

インドネシアはオランダの植民地であったオランダの統治下において酷い扱いを受けてきました。アジアやアフリカの諸国も
みな同じように人間以下の扱いを受けてきました。
そこへ日本軍が石油を求めてやって来て、1942年1月にインドネシアのオランダ人に攻め込んで、オランダ人は逃げてインドネシア人を
オランダ軍として戦わせました。普段から虐待を受けていてロクに食事も食べていないインドネシア人はすぐ降伏しました。
日本軍は捕虜になったインドネシア人を丁重に扱い、食事もちゃんと食べさせました。そしてオランダ人を追い出しました。
現地の人は統治者が変わっただけで、日本人がオランダ人と同じようにすると思っていました。
しかし、日本の統治が始まるとそれまでと一変してインドネシア人に非常に優しい政策を執るようになりました。
まず、オランダ人のやってきた政策を撤廃した。
インドネシア人の人権と自由を保障した。
インドネシア人の政治犯を釈放した。
学校をたくさん作って教育を充実させた。勉強の出来る生徒は日本の大学に留学させた。
インフラを整備した。
病院もたくさん作って医療制度を整えて、みなが病気の時に受診出来るようにした。
また健康診断も受けられるようにした。
治安を回復させた。法治国家にした。
インドネシア人に仕事を与えて給料もちゃんと支払った。
その他書けば切りがないほどインドネシア人に対してオランダとは正反対の政策を執った。

などなどです。

それで、日本がポツダム宣言を受け入れた1945年8月15日から2日後に独立できたのです。
白人の手から解放してくれて独立も出来てインドネシア人以外にも日本のお陰で白人の手から解放されて人間としての
尊厳を受けて独立も出来て日本に感謝している国はアジアやアフリカの元植民地の国々から日本は感謝されています。


このような事は、第1次世界大戦で戦勝国としてドイツからパラオをもらい受けた時も、現地の人は統治者が変わっただけで
日本人がドイツ人と同じようにパラオの人たちを虐待して差別して奴隷のように扱われると思っていたが、いざ日本の統治が
始まると、前記のインドネシアと同じような事になっている。パラオ人は日本に感謝している。日本が敗戦してアメリカの
統治下になったが、1992年にアメリカの中の自治区として独立して国連の統治下に入った。1994年10月1日に国連から独立した。
その昔、1885年にスペインの植民地になっていて1899年ドイツがスペインから売却されて代わって統治者になって以来、
109年ぶりに独立した。
パラオ人は国旗を青地に月の丸を描いてそれも日本に敬意を払って月の位置を中央よりも少しずらしてある。
パラオでのペリュリュー島での戦いも現地の人が日本軍に協力しようとして、日本軍は手前上は「貴様らは日本人でないから
一緒には戦えない」と蹴ったが、帰る船を中川大佐以下、日本兵が見送って手を振って一緒に歌を歌って見送った。
70日間に渡る戦いで圧倒的に不利だった日本軍は全滅したが、パラオの人たちは日本兵の遺体を手厚く埋葬した。


パプアニューギニアでも日本軍がアメリカ軍から奪取して、インドネシアと同じように人間として扱いインフラも整えて
教育も充実させて色々と恩恵を受けている。白人の手から解放してくれてパプアニューギニアの人々も日本に感謝している。
戦争で負けて日本軍は撤退したが、独立するまで当時を知る人は日本兵がいつかまた戻って来てくれて白人を追い出して
日本が統治してくれる日を待ち望んでいた。


台湾は1895年に日清戦争の結果、日本の領土となり日本は教育の充実をしてインフラも整備して公用語は日本語になったが、
職がなくて族として暮らしていた人たちも職を与えて治安を回復させている。台湾もインドネシアパラオと同じように
日本統治下に於いて大いに繁栄している。1945年8月15日の日本の敗戦で日本軍は武装解除して、その間、撤退するまで
中立を守った。その間に毛沢東率いる共産党軍との戦いで不利になった蒋介石軍が逃げて来て、1949年には蒋介石
台湾に堕ち伸びて、外省人と言って台湾に住んでいるが、中国人で政財界を牛耳っていて、こちらは半日だ。
蒋介石は徹底的な反日教育をしたが、内省人である元々の台湾人は親日だ。台湾の内省人の子孫は今でも日本に感謝している。
が、台湾の外省人の子孫は半日で中国との繋がりが今でも非常に強い。青幇浙江財閥などがそのいい例だ。


朝鮮半島は日本が1910年にロシアの脅威から両班である李氏から統治を委託されて統治していて、両班による酷い統治を
終わらせて身分制度を廃止してインフラの整備と教育の充実もしている。決して差別はしていないし、侵略もしていない。
技術のなかった半島人に技術を教えて生活を豊かにして文盲が多かったのをハングル文字を学校で教えて文盲を少なくした。
平均寿命が24才だったのを45才まで日本統治下で寿命が伸びている。
感謝されてもいいのにその逆で、今でもありもしない事を捏造しては日本に謝罪と賠償を要求している。
最初から朝鮮半島に関わるべきでなかった。「教えない。助けない。関わらない」の3原則あるのみだ。

上記の点で中国人と朝鮮半島人を除いてみなアジアやアフリカの国の人たちは日本に感謝している。
が、GHQによる徹底した思想弾圧と偏向教育と東京裁判史観を植え付ける事によって日本人は自分たちが悪い事をした、
アジアの人々に謝らないといけないと勘違いしている。GHQによる公職追放共産主義者によるマスコミや学校の偏向報道
偏向教育によって日本の歴史は大ウソで塗り替えられていて未だにほとんどの人はそれを信じている。
もういいい加減に覚醒して欲しい。日本人は悪く無くて逆にいい事をしてきたのだ。テレビや新聞を信じるな。
学校の教育を疑え。戦後の日本の偏向報道と偏向教育によって日本人は情弱になっていて、新型コロナウィルスの事も
ワクチンの事もインチキなのにコロリと騙されていて信じて疑わない。可哀そうだ。哀れだ。
そして、さらなるプランデミックにましても騙されようとしている。
日本人よ。自信を持ちなさい。誇りを持ちなさい。あなたたちのご先祖様は、白人の手からアジアの人々を解放して、
インフラを整備して、人間として扱い、教育もして、その他色々と。そして、日本が敗戦後に次々に独立しているのです。
GHQを始めとした白人社会の組織は日本人が優秀だから、本当の事を知り目覚めてくれると困るから毒を以って
いつまでも日本人を眠らせた状態にしているのです。
だから、早く本当の事を知って目覚めてもらわないと今はアシュケナージユダヤ人と言う偽物ユダヤ人たちが世界中で好き勝手をしていて
世界中の政府に浸透していて自分たちの都合のいい世界を作ろうと目指しているので、止められるのは日本人だけなんです。
聖書にも書いてあります。