チャールズ国王とイギリス王室の真の役目

チャールズ国王の裏の顔とイギリス王室の真の役目

無料版|世界を牛耳るチャールズ新国王の裏の顔と、イギリス王室の本当の役割
世界の本当の支配者であるイギリス王室が代がわりしました。新国王となったチャールズ三世の素顔、彼らの世界での役割をジェームズ斉藤が解説!
ジェームズ斉藤 2022.09.26
 ジェームズ 今回はイギリスの国王となったチャールズ三世の裏の顔についてお話しましょう。
──裏の顔? そんなものがあるんですか?
ジェームズ おおアリです。チャールズ三世こそ、グレート・リセットの生みの親であり、世界ではじめてグレートリセットの呼びかけをした人です。
──えっ、世界経済フォーラムのクラウス・シュワブじゃないんですか?
ジェームズ シュワブはどちらかと言うと黒幕です。
──黒幕!? チャールズ国王とシュワブだったらシュワブのほうが上ってことですか?
ジェームズ いえ、当然チャールズ国王の方が上です。しかし、政策の専門性はシュワブの方が上です。チャールズ国王は立憲君主なので、シュワブのようなグローバリストのPRをするのが業務です。 英国の立憲君主制は、君主の周りにたむろする国際金融資本勢力からなる寡頭制です。シュワブはその寡頭制の構成員ということです。
──黒幕とはそういう意味だったんですね。ちなみにシュワブは金融屋なんですか?
ジェームズ いえ、彼はどちらかというとイベント屋です。しかし、人脈とバックが国際金融資本勢力です。彼も黒幕ですが、真の黒幕ではありません。彼の黒幕のレベルは連絡係くらいです。
 一方、チャールズ国王はそういう下世話な話とは関係なく、シュワブたちがグレート・リセットを広めたいというので自分の名前を使って広めてあげているのです。例えば、チャールズ国王は皇太子の時代からさまざまな慈善事業に資金を提供しています。その中の一つにSustainable Markets Initiativeというのがあるのですが、2020年6月に「新しいグローバルなイニシアチブとしてThe Great Resetを開始しました。これを世界経済フォーラムを通して世界に伝えていきます」と発表しているんです。
──「世界経済フォーラムを通して」ってことは、世界経済フォーラムつまりダボス会議はチャールズ国王率いる慈善事業グループの下部組織ってことですか? 
ジェームズ そうです。たぶん多くの人が勘違いしていると思いますが、支配者たちにとってダボス会議はもともと大した会議ではないですから。私も何度も行ったことがありますが、世界経済フォーラムというのは本当の支配者たちが集まって何かを決めるという場所ではなく、英国王室のような本当の支配者たちが決めたアジェンダを世界に伝える場です。世界各国の首脳たちへ「来年はこれですよ」という告知の場であり、もう一つは、昨年のアジェンダをしっかり履行した資本家や政治家たちを真の支配者たちが誉めてあげる場所でもあります。
──本当の支配者たちが世界各国の首脳や金持ちにご褒美をあげるレセプション会場だったと。
ジェームズ そう思ってもらうとダボス会議の本質が見えてくると思います。ですから、各国の首相や大統領なんかも真の支配者たちにとっては優秀な下僕という位置づけでしかありません。その一方で、世界の本当の流れを決める場所は、一応世界でも認知されているものであればビルダーバーグ会議のほうです。こちらはいまだに完全非公開制です。
 ともかく、グレート・リセットはチャールズ三世が提唱し、キッシンジャーの直弟子のシュワブが世界に発信していったものです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
また別の投稿でも指摘されています。
 

神王リョウのメルマガより

■ グレートリセット「公式支援者」が、新国王チャールズ3世です

  ダボス会議で表明してます

  エリザベス女王国葬と、ダイアナ妃事件の超ヤバい裏話


イギリスの新国王チャールズ3世は、2020年6月3日のダボス会議世界経済フォーラム)で、

グレートリセットの公式支援者」になっている


エリザベス女王国葬の超ヤバい裏話


ダイアナ妃の事件の真相を暴露します!?


岸田首相が提唱する新しい資本主義とは?


新しい宗教改革が起きる?

ローマ教皇キリスト教イギリス国教会イスラム教やユダヤ教の、歴史的な関係性について知っておくべき


チャールズ皇太子時代に、「グローバルマーシャルプラン」を提唱し、その中で「グレートリセットを契機とした、
行動の呼びかけ」を公式にしている


王族は所得税相続税が「無い」裏話


英王冠に飾られた最古のダイヤモンド、「コイヌール」の返還を求める、大規模抗議がインドで起こっている


大英帝国時代と大英博物館のヤバい裏話


イギリス王室のアンドルー王子も関わっていた(?)エプスタイン島事件とは?

王室プロパガンダとは?


それでは「動画」をどうぞ →

https://youtu.be/bcnYHPVfe5g