封じられた新型コロナ治療薬(10月7日23時59分まで)

丸谷元人のインテリジェンスメルマガより
--------------------------------------------------

新型コロナウイルスの発生源と言われている「武漢ウイルス研究所」。

長らくSARS系ウイルスの研究が行われていたことは有名ですが、コロナウイルス研究を強力にバックアップしていた
“ある勢力”の存在ことをあなたはご存知でしょうか?


コロナ研究を支援した第三国の正体


========
武漢で行われた機能獲得研究
========


「新型コロナは人工ウイルスだ」

巷では陰謀論と騒がれる人工ウイルス説は一体どこから生まれてきたのでしょうか?

 

1つは「武漢ウイルス研究所の存在」

ウイルスの研究自体はどこの国でも行われており、決して悪いことではありません。

しかし武漢研究所ではある特異な研究が行われていました。


それは"機能獲得研究"。

簡単に説明するとウイルスの機能を意図的に強くする実験のこと。

ウイルスの遺伝子を操作することで、時に毒性や感染力を強め「生物兵器化」も考えられる非常に危険性の高い研究と言われています。

 

もう1つは「第三国の支援」。


実は武漢の研究は中国だけでなく、アメリカから多額の資金供給を受けていたことがわかっています。


しかし、なぜアメリカが中国の危険な研究を支援をするのでしょうか?


アメリカでは機能獲得研究の危険性が指摘されており、


2014年10月から規制の対象となっています。


ところが、どういうわけか4億円以上のカネが"ある政府機関"を通してアメリカから武漢研究所へ流れていたことが判明したのです。


実はこの政府機関のトップ、「パンデミックの父」とも呼ばれる人物が武漢の研究支援に大きく関わっていました。


パンデミックの父”の正体(10月7日まで)
https://in.intelligencereport.jp/mrcp1_2210_tr?cap=HS1


ps

新型コロナウイルスの流行の影で世界的に大きな影響力を持つパンデミックのキーマンが暗躍しています。

今回のビデオではキーマンのうち2名を実名で紹介しておりますのでぜひこちらからお確かめください。


パンデミックのキーマンたち(10月7日まで)
https://in.intelligencereport.jp/mrcp1_2210_tr?cap=HS1

 


<出典>
FNN:https://www.fnn.jp/articles/-/192846

 

-インテリジェンスレポート運営事務局

 


======================================================

運営:ダイレクト出版株式会社
住所:〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13 大阪国際ビルディング13F

*このEメールは送信専用アドレスより送信しています。
ご返信いただきましても対応いたしかねます。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

https://dpub.jp/contact_forms/input

=======================================================

このようにして、アンソニー・ファウチたちによって、「イベルメクチン」と言う歴史のある安全性のある
有効な薬が禁止されてしまったのです。
そして、危険な未知のワクチンや治療薬と称する怪しい物が承認されて、推奨されて世界中が騙されました。
日本は今も騙され続けています。もう世界中は Zero Corona ではなくて With Corona に舵を切っていて、
マスクもしていません。日本を始めとした東アジアだけが未だにマスクをしてワクチンを「これでもかあ!!!」と
躍起になって推奨して打ちまくっています。
・・・に付ける薬はないでしょうか。・・・は死んでも治らないでしょうか。