tarobee8のブログ(戯言)

PC版ではこのページの右下に年月別のアーカイブのリンクがあります。スマートフォンでPC版を見るには1番下にPC版と書いてありますので、ブラウザー別の設定方法を参照ください。

新しい資本主義ってよく分かりません

岸田総理の新しい資本主義って、意味がよく分かりません。結局はさらに緊縮財政論で増税して日本経済に壊滅的な打撃を与える反日主義でしょう。・・玉が縮む「金縮財政」だと思うと納得です。岸田の宦官め!

板東 義宣さんのフェイスブック投稿より

岸田総理、来年から本気出すの根拠
岸田総理は自分の政権で何をしたいか、何をやり遂げたいのか。それが明確なメッセージとして国民に伝わっていない。二度の国政選挙で勝利して、これからというところなのに、そのことに国民は失望している。内閣支持率がいま一つ高まらない一因であろう。
安倍元総理が打ち出した政策は、「戦後レジームからの脱却」を目指して憲法改正を行い、国力を高めるという目標に沿うもので明快だった。新型コロナのまん延で短命に終わった菅元総理は「携帯電話の料金値下げ」や「社会のデジタル化」など、身近で分かりやすい個別的な政策を提示した。
岸田政権の場合、看板政策は「新しい資本主義」だが、1年経った今、この政策への理解は深まらず、逆に分かりにくさが増す一方だ。
「新しい資本主義」では当初、分配の側面が強調されていた。「賃上げ」を重視する、どちらかといえば野党的な色合いを帯びていた。ところが、次第にトーンダウンし、「成長と分配の好循環」というアベノミクスに回帰していった。年末の税制改正では、個人投資家を対象にした優遇税制「NISA」の拡充をはじめ、いつの間にか「投資」の側面がクローズアップされている。
ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー不足を背景として、GX(グリーントランスフォーメーション)関連で押し出されてきた原発の再稼働、運転延長、次世代型原発建設という一連の政策も、これが政権の軸になる政策かというと、国民にはやや唐突感がある。
結局のところ、「新しい資本主義」は、岸田氏を総理に押し上げるために、「宏池会(岸田派)らしさ」でお化粧をさせて作り出したキャッチフレーズにすぎなかったのではないかと感じてしまうような現状だ。物価高対策にせよ、防衛力の強化にせよ、それなりの政策を講じているとはいえ、目の前の懸案に地道に取り組んでいるにとどまるという印象が強い。
政権運営面でもほころびが見える。官邸機能がうまく働いていない。防衛費増額をめぐる財源確保問題で、安倍氏に近かった閣僚や議員から反対論が噴出したのは明らかな失態だ。総理の指導力不足や根回しの欠如がうかがわれる。安倍政権では、このようなことはなかった。
岸田総理は臨時国会を終え、2023年はまず外交面で得点を稼ぎ、政治資本の回復を狙っていくだろう。
年明けに、訪米と日米首脳会談の計画がある。また、23年は日本がG7(主要7カ国)議長国で、サミットを総理の地元の広島で開催するという大舞台も予定されている。
2015年の慰安婦問題での日韓合意は、岸田総理が外相時代にとりまとめたもので、懸案解決への強い思いもあるだろう。
岸田政権として、これまでの政権で解決できなかった重要な課題に取り組むことだ。
例えば、安倍、菅両政権が普天間飛行場辺野古移設を推進した結果、分断された政府と沖縄県の関係改善だ。現状は、国民統合の観点からも、安全保障の観点からも望ましくない。沖縄県との対話に向かうことはできないだろうか。
また、「新しい資本主義」についても原点に戻って、賃上げを最大限推進していくことが求められる。民間はもちろん、公務員の賃上げも欠かせない。地方経済にとって、公務員の賃金上昇がもたらす効果は大きい。総理と連合会長が労働政策などを協議する「政労会見」を再開し、政労使が一体となって賃上げを推進する体制を整えるべきだ。
政労会見は2012年の第2次安倍政権発足以降は実施されず、両者の会談はあっても非公式の位置付けだ。沖縄県や働く人々などを「包摂」する方向に転換することこそ、岸田政権らしい取り組みではないか。
23年後半は解散含みの政局もあるなか、いったん低下した内閣支持率を回復させるのは容易ではない。しかし、岸田総理は衆院選参院選と2回の選挙に勝利したリーダーであり、自らの判断以外に総理の座をおろされることは当面ない。
来年の政局は、再来年の秋に予定される自民党総裁選をにらみながら進んでいくはずだ。
総理が自民党総裁選で勝利しようと考えるならば、それまでに衆院選を行い、勝利しておきたいところで、23年5月のG7広島サミットを終えると、内閣改造に踏み切る公算が高く、衆議院解散が視野に入ってくる。実際に解散できるかどうかは、一にも二にも内閣支持率にかかっている。
このように考えると、旧統一教会をめぐる問題に最終的に決着をつけるとともに、政権をかけて実現する政策をもう一度掲げ直し、国民の支持を高めていくことが、長期政権への条件になる。2023年は、岸田政権の命運を決する年になりそうだ。
〜〜〜〜〜
自民党麻生太郎副総裁や茂木敏充幹事長、公明党山口那津男代表ら与党幹部とは日ごろから意思疎通に努めていると説明がある。
次世代型原発への建て替え方針も挙げ「歴史的な課題に次々と対応しなければならない。スムーズにやれと言われても簡単な話ではない」と語った。
政権が発足した当初、岸田総理が最も重視した課題は、選挙に勝つことだった。政権発足後10日で衆議院解散を断行し、衆院選を戦った。
今年7月の参院選でも順調に勝利した。こうして獲得した政治資本(ポリティカル・キャピタル)を使って政策を推進し、長期政権につなげる。岸田総理は、第二次政権を樹立した直後の安倍晋三元総理と、ほぼ同じ政治戦略を描いていたと考えられる。
安倍・菅両政権は官邸の陣容にみられるように連続性を持ち、長期政権の弊害や国民の分断を招いたとも指摘されていた。
自民党総裁選で菅総理が推す河野太郎候補を破って岸田政権が誕生したことは、「疑似政権交代」であり、国民のなかにもある種の期待が生まれていた。
それは、政権発足当初の高い内閣支持率に示されている。
ところが、2度の国政選挙に勝利するという課題を達成した直後、岸田総理の政治戦略は暗転する。
統一教会問題や安倍氏国葬に対する世論の批判に加え、4人の閣僚の不祥事が次々と明らかになり、辞任に追い込まれたことで、内閣支持率が急落した。先の臨時国会で被害者救済新法を成立させ、ようやく旧統一教会問題を収束させる手がかりを得たものの、政治資本が大きく損なわれたことは間違いない。
ただ、内閣支持率はまだ3割程度あり、12月の世論調査で下げ止まった数字も出ていることから、「危険水域」に入ったとまではいえない。年が変わり、総理が新たなメッセージを発して政権を浮揚させられるか、勝負どころだ。頑張れ‼️
        記事、資料引用参照
         ○
写真、高橋順子さんから拝借
         ○