森元首相、ウクライナ問題でメディアの偏向報道を批判

森元首相ウクライナ問題でメディアの偏向報道を批判。

大和良介さんのフェイスブック投稿より

マスコミが初めて、ロシアとウクライナの戦況を取り上げている。『森氏がゼレンス氏ー批判』ウクライナ人を苦しめている。森喜朗元首相は18日夜、東京都内で開かれた日本維新の会鈴木宗男参院議員のパーティーで挨拶…。「ロシアのプーチン大統領だけが批判され、ゼレンスキー氏は全く何も叱られないのは、どう言う事か。ゼレンスキー氏は、多くのウクライナ人を苦しめている」と発言した。ロシアのウクライナ侵攻に関する報道に関しても「日本のマスコミは一方に偏る西側の報道に動かされている欧州や米国の報道みを使っている感じがしてならない」と指摘した…。