盧溝橋事件

1937年に上海で日本人の将校2名が蒋介石軍が貧民に扮した兵士によって銃殺されて、怒った日本陸軍が100名あまりの兵士を上海に派遣した。
あらかじめ蒋介石は1万人の兵士を貧民に憤死して上海に配備していた。日本兵は無勢でも応戦して持ちこたえた。
怒った日本陸軍は7月7日に盧溝橋(マルコ・ポーロ橋)を境にして日本兵蒋介石軍が睨み合っていた。満州から中国本土に出るつもりはなかったのに蒋介石にやられて蒋介石を懲らしめるために盧溝橋で対峙していた。
その夜、そこへ毛沢東軍が日本軍と蒋介石軍の両方に銃撃した。日本兵蒋介石軍が攻撃してきた、蒋介石軍は日本軍が攻撃してきたと思い込み
とうとう日本軍と蒋介石軍が戦闘を開始した。これが日中戦争の始まりです。日本は中国本土に進出するつもりはなかったが、蒋介石毛沢東にしてやられた。
が、蒋介石側から和平の申し出がり、和平は成立した。
が、ソ連のスパイで近衛文麿の側近の風見章が大反対をして、陸軍が要求していない軍事予算5億円を組んで、陸軍に蒋介石と戦うように無理やり仕向けた。
こうして日本陸軍は泥沼の日中戦争に否応なく突入した。蒋介石軍にはアメリカという後ろ盾があって武器はアメリカから最新兵器を購入していて
機関銃や機関砲などで日本軍は太刀打ちできる状況になかった。が、それでも果敢に応戦した。蒋介石毛沢東犬猿の仲。
が、日本軍が攻めてきているのでとここは和平をと毛沢東軍は提案して一緒に日本軍と戦おうということにして実は毛沢東軍は適当に戦っては逃げて、本当に
日本軍と戦っていたのは蒋介石だった。毛沢東蒋介石打倒を掲げて日本軍と手を結んで蒋介石を日本軍とっ戦わせておいて戦力を温存していた。あげくの果ては毛沢東は日本軍と協力して蒋介石軍と戦かったりしていた。
戦後、日本社会党の書記長が訪中して毛沢東に「昔、日本が悪いことをして申し訳ない・・・」と言ったが、毛沢東
それを否定して事実を明かしてマジックを説明している。が、当時は東京裁判史観に染まっていて毛沢東の言っていることは日本社会党にとっては
理解不能だった。
戦況は一進一退だった。が、1945年8月15日に日本がアメリカに敗戦を認めてから状況は一変した。日本はアメリカに対して降伏したのであって中国軍には降伏していない。
が、日本軍の撤退や中国にいた日本人や満州にいた日本人は帰国するのに凄く苦労した。
毛沢東蒋介石に戦わせておいて戦力を温存していて、戦後に」日本軍との戦いで疲弊した蒋介石軍を圧倒して蒋介石を台湾に1949年に追いやって
中国本土を我が物にして中華人民共和国の建国を宣言した。
中国本土では毛沢東率いる共産党が大虐殺を繰り返して漢民族だけでも少なくとも6500万人ん殺した。8000万人とも1億人とも言われる殺戮をした。
チベットやウィグル(東トルキスタン)も武力で併合した。南モンゴルも。
また蒋介石南京大虐殺をありもしないのにデッチ上げて日本を悪者にした。
毛沢東は戦後中国を訪問した社会党の幹部が謝罪するので本当のことを話して、日本軍には感謝していると話したが、東京裁判史観を
信じている社会党の幹部にはサッパリ分からなかった。バカだなあ。

また南京大虐殺にゆいては以下のような記事があります。

南京大虐殺は国民党軍が逃げる時に列車に他の民間の中国人が一緒に逃げようとして、邪魔なので国民党軍が蒋介石の命令により民間の中国人を射殺して、後からやって来た日本軍が
やったと言う事にでっち上げたのです。
レイプオブナンキンに使われている写真は通州事件で北京郊外に住んでいた日本人たちが中国人によって虐殺された写真を「これは日本兵が中国人を大虐殺した証拠写真です」と
虚偽の事を書いた書物です。日本兵は悪い事はしていないのに「勝てば官軍、負ければ賊軍」の典型例で日本が悪い事にされた典型的な一例です。
当時の事を知る人に日本語でインタビューした動画があります。フランス語字幕付きです。

<a href="https://www.youtube.com/watch?v=uMPV_NAj2ao">https://www.youtube.com/watch?v=uMPV_NAj2ao