長崎の原爆症を救った玄米と味噌(砂糖は絶対にダメ)

玄米とにその力は偉大なり。 

 

波多野 毅さんのフェイスブック投稿より

【8/9 長崎の原爆症を救った玄米と味噌汁】
チェルノブイリ原発事故後、日本から欧州への味噌の輸出が急増した。
これは、長崎に原爆が投下された際、爆心地2キロ内にあった聖フランシスコ病院医長秋月辰一郎博士が書いた著書「死の同心円-長崎被爆医師の記録」の英訳本の影響が大きいと言われている。
 博士は、「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」と病院スタッフと患者に食事指導を徹底させ、その指示に従った彼らにはなんと誰1人原爆症が出なかったといわれている。
広島大学他の分析研究では、玄米に含まれるフィチン酸や、味噌に含まれるジピコリン酸と言う物質が放射性物質を吸着して排出する働きを促進させたのではないかという報告もある。
一方、東洋医学の食養陰陽論においても、極陰性の放射性物質に対し、陽性で造血細胞を活性化させる塩や玄米、味噌で対処し、陰性で造血細胞に対する毒素である砂糖を禁じたのは理に適っていると考えられる。
日本の伝統食や伝統的発酵食品の素晴らしさは、WHO(世界保健機関)でも高く評価され、欧米でも注目されているが、本家本元の日本人が目覚めなければならない。
放射線を浴びる外部被爆よりも、放射性物質を体内に取り込む内部被爆がより深刻。
今こそ、免疫力をあげる日々の食生活の大切さを日本全国民が自覚すべき時!
●第8回 地獄で作る天国味噌リトリート