ロシアを追い詰めるバイデン政権

アメリカがロシアを追い詰めて、ロシアは核弾頭使用もあり得る。アメリカは、又しても過ちを犯すのだろうか?
「ロシアの空軍基地で、新たに7機の核搭載爆撃機が発見、第3次世界大戦の前夜か」
(シカゴ発 9月30日オフィス・ファウンテン発信)
(以下、タッカー・カールソン・トゥナイト9月30日抜粋)(コメント欄にエルサレム・ポスト紙記事添付)
 8月21日、イスラエル諜報機関は、フィンランド近くの露オリニア空軍基地に、通常は存在していない4機のスーパーソニック核弾頭搭載可能なTE160戦略爆撃機衛星写真で確認した。
さらに、9月25日には、TU95旧型ターボ核爆弾搭載可能な爆撃機が新たに3機確認された。
これらの戦略爆撃機8月前には認められなかった。
現在は核攻撃の危機が迫っている。
ウクライナの諜報部門次官は、現在急激に危機が迫っていると語った。
現在、この危機に対して、NATOの全てのリーダーたちにとり、どのように戦争を避け、双方のテンションと温度を下げるべきかがもっとも重要なことだが、誰もその答えを持っていない。
バイデン は、最初から故意にロシアを挑発しているだけだ。
何者かがロシアのパイプライン”ノルドストリーム”を破壊したが、バイデン は否定している。そして、プーチンの言うことを聞くことはないと言った。
しかし、今年1月の段階で、バイデン とヌーランド国務次官はすでに「ノルドストリーム2は使用不能にできる」と発言していた。
ノルドストリーム・パイプラインはプーチンを助ける切り札だ。
自分のパイプラインを破壊すれば、中国やインドへ高く売れ利益を上げれるという人間もいるが、彼はただ元栓を閉めればいいだけだ。
現在、戦争のドラムを叩いているのは米国だろう。
アメリカはさらにロシアへの制裁を発表した。
しかし、7ヶ月にわたるロシア制裁で、欧州は食料とエネルギー危機に陥り、米国はインフレと不景気に襲われ、ルーブルは上昇した。
米国はかつて挑発を何度か行なった歴史がある。
日本、シリアに対して経済”封鎖”を行なった。彼らを抑止するという名目だった。しかし、経済”封鎖”で日本やシリアを抑止はできなかった。彼らは挑発に乗り戦争を開始した。そして今ロシアだ。
バイデン は、今回もロシアに対してそれを狙って挑発をしているだろう。
しかし、ウクライナNATOに参加することは、世界戦争を意味する。
ニューヨーク・タイムズ紙でさえ、既に第3次世界大戦が始まっていると言っている。
共和党のリンゼイ・グラム上院議員プーチンヒトラーに例えた。ヒトラーを早く取り除かなかったミステイクを繰り返すなと発言した。ヒトラープーチンを同じだと言った。確かに、ロシアはウクライナの一部をロシア領の一部とした。
しかし、それでプーチンヒトラーと同じ人間だというのか。少なくとも、NATOはそう考えている。
NATOと米国戦争屋は、ウクライナを救うことは、世界を核戦争のハルマゲドンに導くのに十分だと言っているのだ。
このロシア・ウクライナ戦争が開始した当初から、「米国はロシアを挑発するべきでない」と、一貫して発言を続けていた元国防省アドバイザーのダグ・マクレガーは、「パイプラインの爆破はロシアの仕業ではない。誰もそんなことを信じるものはいない。プーチンには何のメリットもない。」と語った。
また、マクレガーは、「プーチンはワシントンには話し合いをできる相手が誰もいないのを知っている。すでに彼は軍事行動をエスカレートするしか道はない。
通常兵力攻撃もしくは戦略核攻撃いずれにしろ、NATOはもしロシアが爆撃機による攻撃をすれば、核攻撃を行うことを話し合っている。
プーチンは軍事作戦を拡大する中で、どこかの時点で、ウクライナと停戦協定を結び停戦に応じるだろう。
しかし、その時点では、ロシアに有利な条件をウクライナと欧米は飲んでの停戦協定となるのではないか。
ポーランドと、何名かのワシントンにいる人間以外、誰もロシアとの戦争を望んでいない。」と語った。