ワシントンDCのクラーケンの大掃除

トランプ大統領は2020年のアメリカ大統領選の不正で大統領の座を追われたが、2024年はワシントンDCのクラーケンを追い出すために再度アメリカ大統領に復帰する決意とDSの陰謀をぶち壊すために戦う事を決意した。
 
 
 
 
 
ワシントンDCに戻ってきたトランプ大統領は、バイデン就任以来、首都に、昨年1月以来始めて戻ってきた。
今回26日、トランプ大統領は、首都ワシントンDCで、保守派の団体が開いたイベントに登場した。
「いつも言っているが、私は最初の大統領選で勝利し、2回目は膨大な票を得て、より良い結果が出た。
もう一度やらなきゃいけないかもね。国を正さないといけない」
また、議会乱入事件の公聴会で責任追及が、続いていることについては
「偽情報を信じ込ませようとしている」
「彼らは私にダメージを与えて、戻ってこられないようにしている。その思い通りにはいかない」
「いつも言っているが、繰り返しいうが、私は最初の大統領選で勝利し、2回目は膨大な票を得てより良い結果が出た。」
史上最高の大統領が、ワシントンDCに戻ってきた。
「法と秩序について重点的に話す予定だが、これは沼地が法と秩序の、本当の意味をすぐに知ることになり、ふさわしい。正義がやってくる」
と述べた以来である。今回戻ってきたのは何故か。紐解いてください。
情報を頂いた方にその理由は書かない約束です。
機会翻訳による