ワクチン接種するほど感染率が高くなる

ワクチンを接種するほどCovid19に感染する確率が高くなる。ワクチン接種は止めよう。

Chio Mochiさんがグループ「海外発・最新ニュースとトランプ大統領支持者の会」でリンクをシェアしました。

10時間 

速報:アイスランドの新しい研究により、COVIDの再感染率はワクチンの接種回数に応じて上昇することが判明。

この研究によると、ほとんどの年齢層で、2回以上接種した人は、接種していない人や1回接種した人よりも再感染する可能性が高いことがわかりました。
https://jamanetwork.com/.../jama.../article-abstract/2794886

 

 
紹介

SARS-CoV-2によって引き起こされるCOVID-19は、2020年3月11日に世界的なパンデミックと宣言されました。現在優勢な変異体であるオミクロンは、免疫回避の増加を特徴とし、再感染をより一般的にする。1,2  オミクロンによる再感染に対する事前感染の相対的防御率は、デルタ変異体の92%と比較して56%である。3しかし、オミクロンによる再感染の集団レベルのリスクは記載されていない。この研究の目的は、アイスランドのオミクロン波の間にSARS-CoV-2に再感染した人の割合を推定することでした。

 
メソッド

この研究はアイスランドの国家生命倫理委員会によって承認され、インフォームドコンセントの必要性が放棄された。この研究は、Strengthening the Reporting of Observational Studies in Epidemiology(STROBE)報告ガイドラインに従った。この集団ベースのコホート研究は、2021年12月1日(アイスランドで最初に診断されたオミクロン症例)から2022年2月13日の研究期間の終了まで定義されたアイスランドのオミクロン波中の再感染について、以前にSARS-CoV-2に感染したすべての人を監視した。同国で実施されたすべてのSARS-CoV-2ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査結果に関するデータは、アイスランド国立大学病院から入手し、ワクチンの状態に関するデータはアイスランド保健局から入手した。再感染は、以前の陽性検査から60日以上経過したSARS-CoV-2に対する陽性PCR検査と定義した。年齢層、ワクチンの状態、および最初の陽性PCR検査からの経過日数によって再感染した割合を、ロジスティック回帰を用いて推定した。統計分析は、rms パッケージを使用して、R 統計ソフトウェア バージョン 4.1.2 (R Project for Statistical Computing) で実行されました。4 詳細な定義とすべての統計コードは、補足条項のeAppendix 1およびeAppendix 2に記載されています。

業績

合計で、11,536人のPCR陽性者が含まれていた。平均(SD)年齢は34(19歳;範囲、0-102歳)、5888(51%)は男性、2942人(25.5%)は少なくとも1回のワクチン接種を受けており、初期感染からの平均(SD)時間は287(191)日(中央値、227日;範囲、60-642日)であった。オミクロン期に1327人(11.5%)に再感染が認められた。1回以下のワクチン接種を受けた人のうち、11.7%(8598人中1007人)が再感染したのに対し、2回以上接種した人は10.9%(2938人中320人)であった。再感染率は18~29歳で最も高かった(3136人中475人[15.1%])。高齢者の間では再感染が少なかった()。

再感染の確率は、最初の感染から時間とともに増加し(18ヶ月対3ヶ月のオッズ比、1.56;95%CI、1.18-2.08)()、1回以下のワクチンと比較して2回以上の投与を受けた人の方が高かった(オッズ比、1.42;95%CI、1.13-1.78)。30日以上または90日以上後に再感染を定義しても、結果は定性的に変化しなかった。

議論

この集団ベースのコホート研究では、アイスランドのオミクロン波の最初の74日間にSARS-CoV-2再感染を経験した人のかなりの割合が、18〜29歳の人々の間で15.1%と高い割合で起こった。最初の感染からの時間が長いほど、再感染の確率が高くなったが、その差は予想よりも小さかった。驚くべきことに、2回以上のワクチンは、1回分以下と比較して再感染の確率がわずかに高かった。この知見は、事前感染、ワクチン適格性、および根底にある状態の間の複雑な関係を調整することができないことを含む、我々の研究の限界のために慎重に解釈されるべきである。重要なことに、2021年12月1日までに、12歳以上のすべての人が2回以上のワクチン接種を無料で受けることができ、アイスランドの人口の71.1%が予防接種を受けていた 5のに対し、以前の感染者のコホートではわずか25.5%でした。我々の結果は、再感染が以前に考えられていたよりも一般的であることを示唆している。ここで重要な疑問は、オミクロン変異株への感染が、他の亜種と比較して、オミクロン再感染に対するより良い防御をもたらすかどうかである。

出版のために受け入れられました:2022年6月19日。

公開:2022年8月3日。DOI:10.1001/jamanetworkopen.2022.25320

オープンアクセス:これはCC-BYライセンスの条項の下で配布されるオープンアクセスの記事です。© 2022 Eythorsson E et al. JAMAネットワークオープン.

対応する著者:Elias Eythorsson, MD, PhD, Landspitali–The National University Hospital of Iceland, Skaftahlid 24, 105 Reykjavik, Iceland (elias.eythorsson@gmail.com);Runolfur Palsson, MD, Landspitali–The National University Hospital of Iceland, Skaftahlid 24, 105 Reykjavik, Iceland (runolfur@landspitali.is).

著者の貢献:Eythorsson博士とPalsson博士は、研究のすべてのデータに完全にアクセスでき、データの完全性とデータ分析の正確性に責任を持っていました。

コンセプトとデザイン:エイソルソン、シグルドソン、パルソン。

データの取得、分析、または解釈:すべての著者。

原稿の起草:エイソルソン、シグルドソン

重要な知的内容のための原稿の批判的改訂:すべての著者。

統計分析:エイソルソン。

得られた資金:エイソルソン、パルソン。

管理、技術、または物質的なサポート:イングヴァルソン、シグルドソン、パルソン。

監督:シグルドソン、パルソン。

利益相反の開示:報告なし。

資金調達/サポート:この研究は、ランスピタリ大学病院研究基金(助成金A-2021-051)の支援を受けました。著者もその機関も、提出された作品のいかなる側面についても第三者から支払いやサービスを受けていませんでした。

資金提供者/スポンサーの役割:資金提供者は、研究の設計と実施において何の役割も持っていなかった。データの収集、管理、分析、解釈原稿の準備、レビュー、または承認。そして出版のために原稿を提出することを決定した。

参照
1.
Eggink D , Andeweg SP , Vennema H , et al.SARS-CoV-2 Omicron BA.1の感染リスクは、ワクチン接種を受けた患者および以前に感染した個人、オランダ、2021年11月22日から2022年1月19日までのデルタと比較して増加しました。 ユーロサーベイ。2022;27(4):2101196.DOI:10.2807/1560-7917.ES.2022.27.4.2101196PubMedグーグルスカラークロス参照
2.
Pulliam JRC , van Schalkwyk C , Govender N , et al.南アフリカにおけるオミクロンの出現に伴うSARS-CoV-2再感染のリスク増加。 科学。2022;376(6593):eabn4947.DOI:10.1126/science.abn4947PubMedグーグルスカラークロス参照
3.
Altarawneh HN , Chemaitelly H , Hasan MR , et al.以前のSARS-CoV-2感染からのオミクロン変異体に対する保護。 N Engl J Med.2022;386(13):1288-1290.DOI:10.1056/NEJMc2200133PubMedグーグルスカラークロス参照
4.
ハレルFEジュニア。 回帰モデリング戦略。第2版スプリンガー国際出版;2016.
5.
アイスランド保健局。アイスランドでのCOVID-19ワクチン接種:統計。2022. アクセスされる 3月 11, 2022.https://www.covid.is/statistical-information-on-vaccination