アメリカ 共和党が下院で過半数獲得決定

アメリカ、共和党が下院の過半数を獲得。1月6日委員会の閉鎖も決定。バイデン親子の不正も追及へ。

 

板東 義宣さんのフェイスブック投稿より

共和党が下院(定数435)で多数派の民主党を破り、過半数218議席以上を獲得することが決まった。
下院の次期議長就任が確実視されているマッカーシー共和党議員は、テレビ番組で
「私たちは下院議長のナンシー・ペロシ氏を解任した」
として、民主党側の指導者であるペロシ議長の敗北をも念押ししたのだった。
マッカーシー議員はすでにバイデン政権の主要政策に正面から反対する姿勢を明確にした。
民主党が主導して下院に創設したトランプ支持派による米議会襲撃事件での責任追及の特別委員会を閉鎖する方針とみられる。
議会での多数党は、証人喚問や宣誓証言など法的拘束力を持つ調査活動をも自由に開始できる。
バイデンの次男ハンターが父親の副大統領在任中、ウクライナや中国の腐敗企業の相談役となり巨額の報酬を不当に得たという疑惑は、すでに刑事捜査の対象になっていた。
共和党側は、バイデンの弾劾までを視野に入れると宣言している。
下院での主導権の逆転が、バイデン政権の後退となる。
番外
安倍さんのように暗殺されたくないからアメリカ民主党政権と中国習近平政権に媚びへつらっている。日本が危うい。立ち上がれ日本国民‼️
〜〜〜〜〜
・ケビン・オーウェンマッカーシーは、アメリカ合衆国の政治家。共和党所属のアメリカ合衆国下院議員で、2019年から少数党院内総務を務める。 
古森義久は、大学特別教授。産経新聞ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員。一般社団法人ジャパンフォワード推進機構特別アドバイザー。国際問題評論家。国際教養大学客員教授ジョージタウン大学「ワシントン柔道クラブ」で指導経験がある柔道家。 
         ○