tarobee8のブログ(戯言)

このページの右下に年月別のアーカイブのリンクがあります。

ガンはカンジダ菌で重曹で消える

医療利権のうちで、ガン利権が1番儲かりますが、ガンになった人の命は軽視です。

今はガンの3大療法(手術、放射線治療抗がん剤)をやっていいるのは日本だけで、海外では他の自然療法に切り替えています。ガンが安くて簡単な方法で治っては病院が儲からないのです。ガンは重曹クエン酸で治ります。

 

篠崎 朗さんのフェイスブック投稿より

【ガンは重曹で治る‼️(クエン酸と合わせて飲めば鬼に金棒👹】
ガン以外の病気も、重曹クエン酸で改善される!
コロナ騒動、ワクチン疑惑?など世の中は混沌としていますが、とんでもない朗報‼️が飛び込んで来ました。
ガンはもう不治の病では無くなりそうです。
私は、重曹クエン酸を神薬としてご紹介してきましたが重曹が「ガン撲滅」の切り札となりそうなのです。
世の中が変わりますね‼️😄
【人体に巣食う現代最大の寄生虫――カンジダ③】
.
―『ガン=カンジダ』とするチュリオ・シモンチーニ医師―
.
日本人はいまや、2人に1人が「がん」になり、3人に1人が「がん」で死ぬ時代です。しかも、ガンの三大治療(切除手術、化学治療、放射線治療)をもってしても、未だにガンを完全に治せないケースが多々あります。(ガン患者の8割が抗がん剤などの副作用で死んでいるとも言われています)
.
そんな、最新の医学をもってしても治せない(ということに一応なっています)ようなガンに、一見トンデモ説のようなことを言って真っ向から立ち向かった医師がいます。
イタリアのチュリオ・シモンチーニ医師(腫瘍学者)です。彼は、悪性腫瘍が体のどの部分にあっても、どんな形態でも、その塊はたいてい「白い」ことに気づきました。体で白いものって何だろう・・? カンジダです。そこで、彼はさまざまな研究の末、
『ガンの原因は、カンジダ真菌である』と結論付けました。
.
化学療法の劇薬は免疫系細胞をも殺し、メチャメチャにしますが、カンジダはまだ死なずにそこにあります。
現代の医学でも、癌患者が末期症状になると、抵抗力低下のために、日和見感染を受けカンジタが原因の肺炎などに陥ると言う事実は よく知られています。 癌細胞の周辺やがん細胞自身には、カンジタが増殖しているという事実も知られていました。 
しかし、それは、あくまでも、患者の身体ががんによって弱った結果であるとの判断がされていました。 
誰一人として、がんがカンジタ菌が原因であると言う事実に気が付かなかったのです。
――そう言えば、ガン細胞は糖質が好物だというし、カンジダも糖質が大好き。白い以外にも共通項がありますね。
.
さらにシモンチーニは、この治療のために簡素なものを見つけました。
 「重炭酸ナトリウム」です。そう、馴染み深い「重曹」の主要成分です。( ただし「重曹」は他の成分も含んでいるので、同じではありません)
.
彼が「重炭酸ナトリウム」を使った理由は、それには「強力な殺菌力」があり、薬物とは違い、カンジダはそれに「適応」することができないからです。
.
しかし、まるで“ガマの油売り”のような事を、堂々といい放ったものだから、当然、医薬品会社の逆鱗に触れ、研究費も打ち切り。医薬品会社が裏から手をまわし、投獄されそうになり、働くところまで次々と失ってきました。
.
実際に、数ヶ月間投獄されましたが、無実であることが分かり、無罪放免になっています。
イタリアの癌学会の理事長は、実は、彼の友人でもあったので、この時その友人が、シモンチーニにこう言ったそうです。
『トゥリオ、癌は重曹では治らないと発表しろ。間違いだったと言うんだ。そうすれば、すぐに帰れるし、医師会に働きかけて医師免許を戻させてやろう。』
しかし、彼は、こう言ったそうです。
『NO!何をされようが、癌は重曹で治るんだ。』
まるで、現代のガリレオです。
.
普通であれば、ここで、普通の医師に戻ればよいのに、シモンチーニは、こう言って拒み、以後30年間、たった一人で医薬品マフィアと戦ってきました。
そして、実際に重炭酸ナトリウムを施されたガン患者で治った人は何人もいるようです。
.
重曹自体は、ベーキングパウダー・灰汁(あく)抜き用・サイダーなどの食用として使われるものであるし、茶渋取り・入浴剤にも使われて人体に安全なものなのでこれは、副作用などの面では安心かもしれません。
.
.
癌のマーケット!勿論、気が遠くなるほど巨大なマーケットです。
癌の検査薬から抗がん剤CTスキャンにペットスキャン・MRIにエコー。放射線治療重粒子線・重陽子線、麻酔薬にモルフィネ。そして、末期がんの延命に必要な人工呼吸器に人工透析費用など、何百万、何千万円とかかる膨大な医療費用・医薬品費用が、このシモンチーニの開発した数万円の重曹費用で要らなくなってしまうのです。
.
当然、医療マフィアたちは、放射能マフィアさながら、マスコミや広告代理店や御用学者、そして警察や裁判所を使用し、シモンチーニの治療方法を、徹底的にたたきのめそうと必死になります。
.
シモンチーニの「犯罪」とは、癌がカンジダという健康な人の体内でさえ少量存在するイースト(酵母)菌に似た有機体によって生じる真菌であることを発見したことにあるとされます。
「彼ら」にとって、そのことを発見するのは「重大な犯罪」であったわけです。
.
(◆ホームページ:ガンは真菌であり、治療可能だ◇ より一部抜粋)
補足・・・重曹だけでももちろん良いのですが、私の健康法?クエン酸と併せて飲んでください!
(なぜ、重曹クエン酸は併せて飲んだ方がいいのかは、別の投稿、「重曹クエン酸は神薬です‼️」を読んでください)
飲み方は簡単、小さじ半分の重曹クエン酸をコップ一杯の水に溶かして朝晩お飲みください!
炭酸水になり、飲みやすくなります😄