日本国民に告ぐ

日本は世界の縮図です。ついでながら、沖縄は日本の縮図です。ムーの民である縄文人が大陸からやってきた渡来人によって混血したり、沖縄や北海道に争いを避けて逃げて距離を置いた。それから日本は弥生時代になり、ユダヤ人も含めて大陸からやって来た人たちと縄文人の混血した人たちが古代日本を作った。神武天皇が即位して今まで2682年の男系による万世一系の世界でも唯一の国家になった。その間にも色々とあったが、日本人はその度に困難を乗り越えてきた。白村江の戦や満州人による対馬壱岐での大量の日本人の拉致事件元寇もそうだった。戦国時代にスペインやポルトガルキリスト教の布教を見せかけにして、日本人の奴隷売買をしていて、しかもローマ教皇がスペインとポルトガルに日本を好きなように領土を分かち合うように命じた。日本はスペインとポルトガルによって勝手に彼らの植民地にされようとしていたが、織田信長豊臣秀吉徳川家康と彼らの日本侵略を阻んできた。

そして、江戸時代は鎖国によって、縄文時代ほどではないにせよ、戦のない愛と調和の世界だった。が、明治維新と言う欧米列強が手掛けたテロによって日本は再び獰猛な外国人からの脅威に晒されるようになった。が、優秀な日本人はその度に日清戦争日露戦争に勝って、第1次世界大戦でも勝ち組に加わっていた。が、日本をよく思わない欧米人は何としてでも日本を潰したかった。日本は朝鮮半島でも台湾でもパラオでも民主的な統治をしていて、決して搾取はせずにインフラを投資して教育までも行った。

日本は国際連盟で人種差別を撤廃するように求めていて、多数決で採決された。が、アメリカは拒否権を行使して廃案になった。日本人はあまりにも優秀なために欧米人から恐れられていた。何とかして日本を潰したい欧米列強たちは無理難題を押し付けては日本をどんどん追い詰めて行った。そして、松岡洋右国際連盟から脱退すると表明して脱退した。日本は東条英機が裏で許可をしていて、樋口季一郎杉原千畝ユダヤ人(アシュケナージユダヤ人もスファラディユダヤ人も)をたくさん助けていた。

ヒトラーは怒ったが、東条英機が「分かっております」と煙に巻いていた。

追い詰められた日本はアメリカとだけは絶対に戦いたくなかった。何回もシミレーションして全て負けると出ていたのだ。だから、北進論(ソ連ナチスドイツと呼応して攻め入り石油や資源を確保する)か南進論(南に降りてインドネシアの石油を確保して、インドシナを開放して、そこから西に進んでインドの独立を助けて中東でナチスドイツと合流して、決してアメリカとは戦わない・・・)と言う作戦を立てていた。アメリカの世論は参戦には反対だった。が、フランクリン・ルーズベルトは戦争には参加しないと言う公約で大統領になっていたが、本音は戦争をしたくてしょうがなかった。そこへ、山本五十六天皇陛下や軍令部や大本営や陸軍には内緒で秘密裏に海軍の反対も押し切って真珠湾攻撃をする計画を知った。これを利用しない手はない。ルーズベルトはハワイの太平洋艦隊の司令官にも内緒にしていて、奇襲前に最新鋭の空母3隻と最新鋭の戦艦や巡洋艦駆逐艦は演習の名目で他に逃しておいて、真珠湾を奇襲させた。

1発目をやったのは日本だが、やらすように仕向けたのはアメリカだった。こうして日本は宣戦布告もしないで騙し討ちをした卑怯な国にされた。アメリカの市民は戦争反対から一転して参戦に転じて、ルーズベルトの作戦は上手く行った。

日本はその間にも東南アジアをイギリス、フランス、オランダの手から解放して民主的な統治を行っていた。搾取はせずにインフラを整備して教育を推奨して・・・。

その後は知っての通りで、日本は負けましたが、アジアの国々は独立して、アフリカや中東の国々も独立しました。みな日本のお陰でした。

が、戦後日本に乗り込んできたアシュケナージユダヤ人が牛耳っていたGHQによって、本当の日本の歴史は抹消されて歪曲されて事実は捻じ曲げられて今に至っています。

戦前の日本人はバカで卑怯だとか言われて今でもそのように教えられています。

GHQのマッカサーは大東亜戦争であまりにも日本軍が強すぎたので、2度と強い日本は見たくないと言う想いから徹底的に日本を根底から破壊しました。都合の悪い本は焚書、都合の悪い人間は公職追放、また東京裁判も滅茶苦茶でした。

学校教育も教科書の隅塗りに始まって、検閲を強化して都合の悪い事を書いている教科書は不合格にして、アメリカの意に沿った教科書を採用して、日本人を子供から洗脳して行きました。公職追放された後には共産主義者などを入れて教育からメディアからも政治もアメリカに逆らえないようにしました。GHQが原文を書いて日本語訳した今の憲法なんて最たる物です。今の憲法9条は原文では憲法8条でした。日本語訳した人が「これは憲法窮状」だと皮肉を込めて憲法9条にしたのです。

学校給食を取り入れて、日本人にパンと牛乳(最初は脱脂粉乳から始めました)を押し付けて、体に1番悪い物を日本人に子供の頃から刷り込んで行きました。

そして政治でも日本はアメリカに逆らえません。日本は今でもCSISやCFRと言うアシュケナージユダヤ人の支配するアメリカの左派グローバル組織に牛耳られていて、日本の政治家は日本のための政治が出来ないような仕組みにされています。

今は中国共産党が強くなって、習近平浙江財閥がバックです。つまり台湾外省人(中国人)が習近平を支えていて、世界中の要人はマネートラップやハニートラップで罠に嵌められて中国に逆らえないようにされていて、日本政府もアメリカ(CSISやCFR)よりも中国寄りの姿勢を抜いています。日本はアメリカと言う宗主国憂様と中国と言う第2の宗主国様を持つダブル属国に堕ちています。

しかも日本の財務省は日本の総理大臣よりも権限が強くて逆らえません。それをいい事に日本をどんどん経済成長のしない、逆に悪くしている超緊縮財政を30年も続けてます。世界中はどんどん経済成長する中を日本だけが経済成長せずに右肩下がり。

日本の政治家や言論界、メディアや教育界やその他色々な所には要所要所にはスパイで固められていて反日ばかり。その反日を日本人は信じ切っています。

おまけに食品添加物や農薬といった毒ばかりが世界中から日本に集められて日本は世界のゴミ捨て場にされています。

日本人が優秀過ぎるので、目覚められると都合が悪いのです。世界を牛耳っている支配者たちにとっては。だから日本人が永久に目が覚めないようにあの手この手で、日本人は永久に眠らされているのです。でも、彼らも万能ではありません。覚醒し始めている日本人が出て来ています。

今回の567騒動でも枠珍でもまだ目覚めていない人が大多数です。

早く覚醒して本来の世界を日本人によって取り戻そう。出来るのは日本人だけです。

目覚めよ日本人!