ヨーロッパの女性首相たちがNATOを称賛する理由

突然ですが、クイズです!
この4人の美女たちの共通点は何でしょうか?



 

・ハリウッド女優?
ハイブランドのモデル?
・それともミス・ユニバース代表?


実は、これらは全て違います。


では、この4人の女性たちの意外な共通点とは一体何なのか…?


それはなんと、この女性たちは、欧州で活躍している現役の「首相」なのです!

しかし、今まで欧州では、このように同時期に複数の女性首相が連立することはあり得ませんでした。

というのも、約300年の歴史上、欧州50ヶ国で誕生した女性首相は、たったの50人しかいないのです。

しかし今となっては、直近の5年間だけで13人もの女性が次々と首相に就任しているのです。

さらに驚くべきことに、、、

欧州の9人の現役女性首相のうち、写真の4人を含めた7人もの首相がまるで誰かに操られるかのように、次々とNATOへの加盟を表明したのです。


スウェーデン首相「NATOは救世主である」
フィンランド首相「国際社会全体が強化される」
デンマーク首相「NATOは我々の安全を保障する」


このように女性首相らはNATOを絶賛しているわけですが、、、


なぜ、今まで中立を守ってきた欧州が急に心変わりし、NATOに加盟にすることにしたのでしょうか?

そこにはNATOのある思惑があったのです、、、

世界情勢の専門家:河添恵子氏は、「女性首相を使って印象操作を行い、『アメリカ・NATOは善、中露は悪』という
二元論を世界中に植え付ようとしている。」


と言います。


つまり、欧州の女性首相たちは、NATOのイメージアップのために広告塔として利用されているということです。


しかし、これは大した問題ではありません。


NATOは女性首相を利用して、ただ中露を排除しようとしているわけではなく、、、ある計画を秘密裏に進めているのでした...


NATOは一体何をしようと企んでいるのでしょうか?


マスメディアが報じないNATOの本当の姿とは?


▼詳しくはコチラから!▼

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フィンランドのマリン首相は奇麗な女性です。18名の大臣の内12名が女性です。それも若くて美しい。副首相も女性です。
前記のようにヨーロッパの9名の女性首相を使ってDSは利用しています。
DSにとってはこれらの女性を使って、広告塔として世界統一政府に向かって若くて美しいと言うイメージ戦略でNATOに加盟させて、
NATOのイメージアップを図っているのですが、実は世界統一政府に向かわせるためです。
ビルダーバーグ会議にも出席しています。ビルダーバーグ会議NWOを目指す会議です。
ヨーロッパは若くて美しい女性を要職に据えているから進歩的だと思ったらいけません。メディアによる印象操作です。
印象操作をするために若くて美しい女性が選ばれているのです。
1989年に東西ドイツが統一されようとした時に、ソ連ゴルバチョフ書記長はアメリカやヨーロッパの西側諸国に
NATOをドイツよりも東に広げないと言う条件で承認して、アメリカを始めNATO諸国も同意しています。
が、ソ連崩壊後は、そのような約束はなかったかのように、東ヨーロッパやまだNATOに未加盟の国々がNATOにどんどん加入して行き
ロシアに圧力をかけました。ソ連の後継者であるロシアにとっては、立腹するのが当然です。
しかし、ウクライナスウェーデンフィンランドNATOに加盟していなくて緩衝地帯として存在していました。
トルコのエルドアン大統領もスウェーデンフィンランドNATO加盟には反対していましたが、最近になって賛成する意向を
示しています。ロシアにとっては死活問題です。DSに操られていない唯一の国はロシアだけです。DSはあの手この手を使って
ロシアをどんどん追い詰めています。DSは再度ロシアを我が手中に収めたいのです。美人の政治家たちは結局はDSの傀儡なのです。