NHKは反日団体です

 NHK反日団体で、大ウソばっかり報道しては、受信料はチャッカリと盗る。クソッタレ!!!国家反逆罪に値する。

 

Yosihiro Turusakiさんのフェイスブック投稿より

5時間前 
【真っ向から否定した加戸元愛媛県知事に対するNHKの実態】
通称「N党」と呼ばれている党の正式名称は「 NHK党 」です。
この党は怪しいですが、マスコミはこの党を正式にNHK党とは呼ばず、N党と勝手に呼んでいます。よほど、NHKに気を使っているわけです。
そのNHKの職員は10,343人。そのうち外国籍職員は何人いるか明らかにしていませんが、NHKには、韓国人・中国人が約4割いると言われています。
つまり、NHKの職員の4人に1人は外国人です。それも中国人・朝鮮人がほとんどです。当然まともな報道が行われる訳はなく、視聴者である日本国民を不愉快にさせるだけです。
  みなさん、そのNHKの報道がおかしいと思いませんか?
NHKは絶対に韓国、中国を批判しない報道を取っています。
NHKは日本の放送局でありながら、日本を貶める放送報道がなされています。だからNHK解体論が出ているのは当然のことです。
最も問題なのは、NHK局内に朝鮮人が増えると、日本国民からもっとカネを取る方法はないかと考えます。理由は、受信料収入が増えれば、NHK職員の所得が上がるからです。
信じられませんが、NHK職員の平均所得は約1700万円です。ボーナス分を除けば単純計算で、月額100万円の所得を得ています。そのNHKの受信料収入は7000億円を超え、過去最高を更新しています。さらに、NHKには日本の国家予算が交付されています。その額は35億円です。これだけ収益上げている、NHKに国からの交付金は全く必要ありません。
  そのNHKの偏見報道酷すぎます。
加計学園問題では、国会で前川元事務次官が「行政が歪められた」と発言し、テレビに何度も放送されました。
それを真っ向から否定したのが、加戸前元愛媛県知事です。加戸氏は、文部省出身で前川前事務次官の上司でした。過去は優秀だった前川氏が、何故にこんなありもしないことをいうになったのか、と苦言を言い。さらに、決定的な次の一言を言います。
「行政が歪められたのではない」「歪められた行政が正されたのだ」
と言い切っていました。85歳で逝去された元愛媛県知事の加戸守行氏は多勢に無勢の状況下、誘致に奔走した当事者として真っ向から不正を否定いました。
当時の国会での加戸氏の発言は約20分でした。加戸氏の発言は正に獣医学部創設必要性の発言でしてた。
ところが当時の安倍政権失脚を目論むマスコミは、真実が分かってもらっては困るので、NHKはなんと加戸元愛媛県知事の発言を放映しなかったのです。
これが公共放送のやり方とは言えません。続いてこの時、国会発言された、青山繁晴先生の国会答弁も放送されていません。
いかに、日本マスコミが朝鮮に支配されているかの証です。
日本マスコミは安倍政権打倒ありきの報道でした。だから安倍晋三氏の国葬までも反対しているのがマスコミでそれを主導しているのが、NHKです。
つまり、加計学園獣医学部新設と故安倍晋三氏とは全くの疑惑はありません。加計学園獣医学部として新設された当時、安倍政権は不足している獣医学部を増設するため、あらゆる岩盤規制を排除し「特区制度」を適用し獣医学部の新設を認めたのでした。
その当時、名乗りを上げたのは、京都大学加計学園だけでした。その両校の設備面などを比較した結果、加計学園獣医学部として選定されたのでした。
ちなみに、この特区制度は、大学一校だけに適用するものです。当時同じ特区制度で、千葉県の国際医療福祉大学に医学部が新設されていますが、これに野党は全く反論もしていません。
加計学園獣医学部新設は正しいやり方で行われていたにもかかわらず、NHKなどのマスコミがこれを捻じ曲げていたのです。