日本経済はフランスのロスチャイルド家の支配下にある

日銀はパリのロスチャイルド家が出資して作られた。今でも日本の経済はパリのロスチャイルド家支配下にある。
無料版|陰謀論か!? 日本の本当の支配者と日本の本当の仕組みを暴露!!
今回は表題通り「日本の本当の支配者と日本の本当の仕組み」について解説します。日本の構造を理解するための基礎知識を紹介しましょう。
ジェームズ斉藤 2022.10.13
 ジェームズ 今日は麻生太郎自民党副総裁についてお話ししましょう。たぶん、皆さんも聞いたことあると思いますが、麻生さんの娘さんがロスチャイルド家の人と結婚したというあの話です。
──はい、聞いたことあります。フランスの水会社のヴェオリアの幹部だというのは有名ですけど、ロスチャイルド家の人だというのは噂どまりでよくわからないんですよ。
ジェームズ あれは本当なんです。フランス系ロスチャイルドの一族にあたる人です。面白いのは伊藤博文や山尾庸三ら長州ファイブの人々が資金面で世話になったのがジャーディン・マセソン商会で、ここは清にアヘンを密輸してアヘン戦争のもとを作り出したところです。アヘンで儲けた金を香港上海銀行HSBC)を使ってイギリス本国に送金していました。
ジェームズ あちらはイギリス系ロスチャイルド家です。そのジャーディン・マセソン商会が横浜に初めて支店を作って、横浜支店長となったのが吉田健三で吉田茂の養父です。
──吉田健三も幕末時代にイギリスに密航していたんですね、2年間も。
ジェームズ 吉田健三は1866年に密航していますから山尾と野村弥吉、のちの井上勝がまだイギリスにいました。たぶん、イギリスでこの三人は会っているでしょうね。その関係もあって、吉田健三は帰国したあとジャーディン・マセソン商会の横浜支店長になって明治政府に武器や軍艦などを納入してボロ儲けしています。ですから、日本にはずっとイギリス系ロスチャイルド家が浸透していたんです。ところが、麻生家はフランス系のロスチャイルド家とずっとつながっているんですね。なぜ、そうなったのかというと、のちに大蔵大臣になる松方正義が内務卿時代にパリに行ったことがきっかけです。パリで松方はフランスの蔵相のレオン・セイと懇意になって「日本は中央銀行を持つべきだ」と言われて、アルフォンス・ド・ロスチャイルドを紹介されます。松方はアルフォンス・ド・ロスチャイルドから金を借りて日本銀行を作ったのです。以来、日本銀行はフランス系ロスチャイルド家の管轄になったのです。
──日本銀行ってフランス系ロスチャイルドのものなんですか!?
ジェームズ そうです。だから、日銀総裁の黒田さんは外国人に日本円をバンバン流しているのです。はっきり言って、日本に中央銀行が必要だったかどうかはかなり疑問です。それ以前に外国民間資本からなる中央銀行の存在意義自体が疑問ですが。
 ともかく、松方にロスチャイルドを紹介したレオン・セイは「セイの法則」で有名な人ですから。
──あっ、あのインチキくさい「セイの法則」の人だったんですか!
ジェームズ はい。「セイの法則」とは「供給はそれ自ら需要を作り出す」というものですが、この理論はなんのエビデンスもないですからね。こんなデタラメを言う人の言葉に乗って日銀を作っていることがそもそも危ない話なんです。
 そんなセイの口車に乗って明治政府はフランス系ロスチャイルド家から金を借りて日本銀行を作ってしまいました。あの有名なアOOO社という民間会社を通じて日銀の株主になっています。
──アOOO社? 伏せ字なんですか?
ジェームズ はい。これ以上は言えません。わかる人間は「ア」で始まっているので、私が正確な情報を持っていることは想像できます。いずれにせよ、これはプーチン問題等より遥かに危険なネタなので伏せ字は必要になります。そもそも陰謀論にすら出てこない情報です。
 そういった関係で、日銀だけはいまでもフランス系ロスチャイルド家が取り仕切る形になっています。ですから、麻生副総裁の娘さんもフランス系ロスチャイルド一族と結婚しているのです。日銀は日本政府が51%の株を持ち、財務省の配下にあると言われますが、それは書類上の話で、実際には前述の民間外資や麻生家の婚姻関係等の要素が絡み、ロスチャイルド家の私有銀行になっています。
──麻生さんがずっと財務大臣だったってことも大きいんですね。
ジェームズ というよりも、麻生さんの高祖父の大久保利通にしても大蔵卿を明治初期に務め、祖父の吉田茂にしても大蔵大臣にはならなかったものの、GHQの下請けとして天皇家のゴールドの管理者を務めていた池田勇人を吉田内閣の大蔵大臣に起用し、日米共同秘密資金を使い、戦後復興を実現した日本史を代表する国際金融資本勢力の関係者でした。そして麻生さんも長く財務大臣であり、現日銀総裁黒田東彦さんを連れてきたのも麻生さんでした。
──ということは吉田家というか麻生さんがいま日本の財務、日銀を押さえているということになりますね。
ジェームズ 日本の最高権力者の中でも表舞台と裏舞台を行き来し、しかも岸田政権に対して計り知れない影響力を持っているのは、いま麻生さんだけだと思います。当然、麻生さんでも比較にならない日本の権力者はいますが、彼らのほとんどは裏一筋であり、表舞台に出る事は絶対にありません。
 ともかく、現財務大臣は麻生さんの義弟の鈴木俊一さんですから、麻生家はいまや一族で財務大臣を回しています。こういう構造をみていくと日本というのは明治維新から何も変わっていないことがよくわかります。イギリスとフランスのロスチャイルド家にしっかり牛耳られているということです。
──逆にその傾向が強くなっていませんか?
ジェームズ そう見えますね。
──僕らが普通に思うのはいまの政治家たちがまったく日本人の生活のことを思わないという部分です。昔からの付き合いでロスチャイルド家から金を借りるみたいな話はわかるのですが、日本人の飲み水をフランスの水会社に渡すってどういうことですか? 麻生さんはそれをやろうとしていますからね。これって完全に日本のためになってませんよ。なぜ、そんなことができるかがわからないんですよ。同じ国際金融資本関係者でも、大久保利通の富国強兵政策、吉田茂の経済復興は一応日本のためでしたが、麻生さんのやっている事はただの売国行為です。麻生さんこそ、政界のプリンスとして、先祖が実現した富国強兵と経済復興の双方を同時にやることが期待されているはずなのになぜこんなことになっているんですか?
ジェームズ その答えは日本人としての意識が希薄だからかもしれません。というのも、麻生さんの先祖である大久保利通は鹿児島の高麗町の生まれです。高麗というのは朝鮮の歴史上の国のことですから高麗町というのは朝鮮半島から来た人たちが住んでいた町のことです。彼らは豊臣秀吉朝鮮出兵時に薩摩國の武将、島津義弘が連れてきた朝鮮人捕虜の末裔です。