お金のカラクリ

現代の貨幣は国際金融資本家たちが全てを握っている。逆らえば殺される。従わない奴は死刑なのだ。

 

【 お金のカラクリ 】
そもそもお金って何でしょう?
私の親友の息子が小学生のとき、欧州の通貨危機のニュ-スを見ていて友人に言いました。
 「ねえ、お父さん、みんな物々交換にしたらこんな事無くなるのにね」
まさに本質を突いた言葉です。今のお金の流れは、子供でも解るシンプルなことを、わざわざ複雑にして目眩まししている年金と同じなんです。
本来、お金とは、個人や企業などの物、労力、サ-ビスの対価を目安化したものであり、物々交換を公平にかつスム-ズに行えるように考えられたツ-ルなんですね。そう、日々の生活や経済活動をするに当たって日常的な保証書のようなもの。
その昔、金貨や銀貨には貨幣そのものに普遍の価値がある訳ですから、藩が潰れようと国が潰れようと自分の財産として手元に残るわけです。
しかし、現在のお金は少し違います。まず紙幣。本来、紙幣は当たり前の話タダの紙キレです。その紙キレを政府が保証するという形で価値をつけて発行するのが紙幣ですよね。では、どういう保証をつけているのか?考えたことおありですか?アメリカの例を見てみましょう。
1971年8月15日のニクソンショックによる金とドル紙幣の兌換停止までは、1ドル紙幣は1ポンドの金と交換できた訳です。要するに莫大な金の保有によって、国民の財産を政府が保証してきた訳です。ただ今は何の補償もありません。
では日本はどうか?
日本銀行の発足は、1881年ロスチャイルド傘下の三井銀行の為替方を日本銀行に改めた半官半民の株式会社なのです。また、戦後補償の肩代わりをしてもらうために、欧米の金融支配の枠組みに組み込まれてよりいっそう、ユダ金色は強くなりました。
つまり、万が一円が破綻した場合の、国による紙幣および、電子マネ-の保証はありません。
過去戦中、日本軍は独自に発行した紙幣(軍票)、正式名称「軍用手票」という手形を発行しましたが、敗戦と同時に紙くずになったのと同じ事です。つまり、現在の円は、たった一億円の資本金で設立された「株式会社日本銀行」という半官・半民の株式会社が発行している期限なしの手形なんですね。
今まで、万が一、日本経済が破綻した場合、発行した紙幣の保証はどうするのか? 一度でも政府見解や学者の意見を聞いたことがあるでしょうか?
日本は絶対に破綻しないという前提に立って紙幣を発行している有様は、ある意味、絶対事故は起こらない前提で、半官、半民の電力会社と推し進めてきた電力政策と同じと言えるでしょう。
それでは日本が破綻するシナリオはいくつかありますが、可能性の大きい3つを揚げてみます。
1.米国債、米ドルの破綻した場合、その影響は甚大で、日本経済は未曾有の混乱に陥ります。そもそも、米ドル自体、株式会社FRBという100%民間経営の銀行システムが、担保もなしに発行しまくっているカラ手形のようなもの。
今のアメリカは、民間銀行が無責任に刷りまくったカラ手形で、クズ国債を買い支えているという本来ならありえない国家な訳です。量的緩和などという言葉でごまかしているだけで、とっくに破綻しているのに破綻してないと言っているだけ。当然破綻した時の補償などありません。
当然、100兆円を超える日本保有米国債は紙クズとなり、日本国債も暴落。日本金融機関は壊滅状態になります。
その証拠に、現在中国は、実質破綻しているアメリカの国債のかわりに、GOLDか国有地などの資産でしかアメリカ(国際金融マフィア・軍産複合体傀儡政権)には資金供与しません。
2.極東での紛争による、日本経済の混乱。中国や北朝鮮との武力衝突となった場合、アメリカと違い、国土そのものが戦時下となる日本では、まともな経済活動はできません。
実はこれがもっともアメリカの思う壺。武器や石油が売り放題。混乱している日本国内を日米安保発動と同時に、防衛、治安の手助けという名目、TPPを盾に、金融、資産、インフラ、食料、物流、医療を完全支配下に置く事ができる。
3.巨大地震原発の暴走により、日本人と日本企業が日本を放棄せざる終えなくなる。
以上、揚げた3つはまじめにアメリカがまじめに検討しているシュミレーションなのです。では、何故そんな金融システムになったのでしょう?
それは本来、経済活動のためのツ-ル(保証書)であった通貨を、偽ユダヤ人と呼ばれるロスチャイルド、ロックフェラ-をはじめとする国際金融マフィア達(以降、ユダ金)が未来永劫、安定的に自分達が世界支配できるような仕組みを作ることを目的としたNOWの中心的戦略である、世界総中央銀行化戦略(通貨発行権の支配することにより、人々の経済活動のためのツールであった通貨を支配の道具として利用できる)にあります。
例えば、友人知人でもお金を借りれば立場が変わるように、借りた側は貸した側に対し、小さくなったり、隷属的なるでしょう。
これが他人にとなれば支配さえ可能となります。ユダ金たちは国家に金を貸すことにより、国家さえ牛耳ることさえ可能となり、さらには金利を取ることにより、さらに支配する駒(お金)を増やす事ができるという事をユダ金達は大昔に気付き、気の遠くなるような時間と手間をかけて世界中に仕掛けてきたのです。それは彼らによる各国家の支配までを目的としたお金の仕組みでした。
こうして、ユダ金達は長年、世界各国で反体制勢力に資金と武器の提供することで革命を仕掛け、内部崩壊に見せ付けて、革命成功後、資金を提供した側に実権を握らせて裏からその国を操るのです。下はそうしてユダ金に煽られて起こった革命や内戦で、その多くは後に、中央銀行という名の私設銀行を設立することとなりました。
アメリカ独立戦争(イギリス王朝)1775年
フランス革命(ブルボン王朝)1787年
明治維新(日本)1867年
辛亥革命清王朝)1911年→共産党ユダヤ勢力をけん制
ロシア革命ロシア帝国)1917年→現在はプ-チンがユダ金勢力をロシア国内から締め出した。
ドイツ革命(ドイツ帝国)1918年
トルコ革命(トルコ帝国)1922年
昨今のアフガン紛争、イラク戦争ジャスミン革命エジプト革命リビア革命、シリア内戦、すべてユダ金とその配下のCIAが反体制勢力に資金と武器の提供することで革命を仕掛けたものなのです。普通に考えて、これら独裁国家といわれている国内で、一般市民である反政府側が重火器やロケットランチャ-、対空ロケットで武装蜂起できる訳ないでしょう。
こうして今、世界の主な国の通貨は、ユダ金達が支配する中央銀行システムによって管理されているのです。
世界を支配している中央銀行グル-プ 参照
彼らは人類の支配する方法として二つの方式を考え実験しました。
ひとつは社会主義。有無を言わさぬ国権による人民の統率管理。これはシンプルです。ごく一部の指導層と支配される側に分かれるので、指導する側をコントロ-ルするだけで良いし、気に入らなければ体制を崩壊させるのも簡単です。そして、もうひとつが私たちが置かれている資本主義。
簡単に言うと、牧場で放し飼いにされている牛みたいなもんです。おとなしく牧場の柵の中で生活していれば自由に暮らしていいよ。でも、薬と成長ホルモンはバンバン打つよ、病気になると困るからね。しっかり食べて、乳(税金)を出すか、美味しく(税金)なっておくれよ。せいぜいカウボ-イ(雇用主、役人、政府)にぐらいには文句を言えても、牧場主(ユダ金&軍産複合体)には届かないし、相手にもしていない。
しかも、支配構造をピラミッド状に受益構造を広げることで、下から上を見えにくくする訳です。それは、最下層の一般労働者の上に、社会的成功者がいて、その上に大企業、銀行がいて、その上に官僚や政治家がいて、そのまた上にユダ金&軍産複合体がいて、さらにその上が存在する訳です。
このようなピラミッド構造により、大多数を占める下層階級の不平不満も中層がクッションとなり上層部は安泰な訳です。
結局、資本主義の方が儲かるし自分たちも安泰である。社会主義による支配は非効率であると判断した最上部の住人たちが判断して東西冷戦は終結させられたのです。
こうして現在は、偽ユダヤ達の中で社会主義政策はナリを潜め、資本主義政策を主張したユダ金&軍産複合体グル-プが世界支配の実権を握っているわけです。
現在「株式会社日本銀行」の持株比率は日本政府55%、民間45%です。その45%もの大株主は非公開です。この株主達はロスチャイルド・三菱・三井が主な株主と言われていますが、日本政府は絶対に公開しません。このことに触れる政治家もいません。
何故なら、日銀の民間保有の株主を公開するという事は、支配構造そのものが公開されることになり、さすがの大人しい日本人でも暴動が起こり、政府は転覆する可能性さえあるでしょう。
本来なら各国の政府銀行が紙幣(手形)を発行するにあたって、その国の担保能力(見込みを含めて)に応じた発行量であれば、国の財政破綻など起きないのです。
ある一軒の家が破産しても、ご近所の家は関係ありませんね。しかし、お互いに金を融通しあっていれば連鎖破産することもありえますね。
つまり、国ごとに健全な財政を行っていれば、アメリカやヨ-ロッパが破綻しようと、世界同時株安や金融恐慌は起こしにくくなるのですが、主な世界の主要国は、中央銀行システムというユダ金グル-プ傘下の金融システムに組み込まれていて、イカサマ手形を回しあっている以上、誰かがババを引き、システムに関わっているが全員(各国)でその後処理をする。
儲かるのはイカサマを仕掛けたユダ金とその仲間達だけという事になります。そういう仕掛けを作るのにお金(マネ-)は最適最高のツ-ルで、ごく限られた一部のエスタブリッシュメントのための支配の道具なのです。
こうして人々の経済活動をスム-ズするためのツ-ルであったはずのお金は、支配の道具にされてしまった実態に気付いて思考すると、お馬鹿なニュ-スや株式市況、為替市況、政治家の動向、国際紛争の裏が見えてきます。
また、有色人種で唯一先進国入りしつつも「土地ころがし」という言葉を嫌うほど真面目な日本人が、金融商品の「金ころがし」にどうしても気が付かないのは、教育という洗脳、マスコミによる情報操作、拝金主義の刷り込みが行き届いた結果といえるでしょうね。
以上、ここまで書き連ねましたが、お金はスム-ズな経済活動をするのに不可欠なものでもあり、決して貨幣システム自体を否定しているつもりもなければ、金融関係の方を非難している訳でもありません。ましてや不安を煽っているわけでも毛頭ありません。
ただ、このお金の裏の顔(役目)こそが、政治のからくり、エネルギ-支配、食物支配、医療カルテル、教育やマスコミによる洗脳、ひいては戦争にまで繋がることに気が付くきっかけになればと思い、稚説を述べさせて頂きました。
情報は自分の周りに溢れています。触れもしないで玉石混交を見定めることは出来ません。
本質を見極める力を養い、考え、行動する。
せっかくの情報を集ようともせず、家族や子孫が不幸になればあなたに責任はないと言えなくもないと思いませんか。