日本は凄い国!

本当の歴史を知って、日本人の誇りを取り戻そう。

 

中村信一さんのフェイスブック投稿より
 
日本は凄い国!
世界の歴史を知れば知る程、外国に足を運ぶ程「日本は凄い国だな〜」と感じる。
そして「日本人の誇り」を深く持つ様になる。
少数の反日アジアの国家が必死になって、嘘八百で「日本の悪口」を世界中に伝える。
僅か70年ほど前まで有色人種国家の殆どは白人帝国主義の植民地。
有色人種を奴隷とし残虐な搾取を続け、一部の白人達は豊かさを満喫していた。
それをぶち壊した日本は憎たらしい。
まさしく目の上のタンコブ。何をやっても白人と堂々と渡り合う日本人さえ居なければ「白人完全優越主義」の世界は現在も続いていたで有ろうと私的に思う。
常に批判されやすい状況に有るのが私達の日本国。
それでも日本は世界から信頼され尊敬されている。
特にアジアからの信頼は厚い。
「日本が大好き。日本人は誠実で真面目。
出来るなら日本企業で勤めたい」そんな言葉はイッパイ聞いて来た。
今、やっと「まともな国」になろうとしている日本。
自分の国を自分で守るのは当たり前すぎる世界の常識。
右傾化して来た。戦争の足音が聞こえる等と語る人々も居る。
それでも自分の国は自分で守る日本人でありたい。日本は凄い国です。