バイオテロ~コロナワクチンは狙って製造された(さくら子さんのブログより)

さくら子さんのブログより

さくら子

日本(ひのもと) さくら子です。 国難を乗り越え、美しい日本を取り戻す「モデル都市建設」に挑戦中です(*^_^*)v (アメブロでアカウント削除(BAN)によりこちらにお引越ししました(^-^)♪ )

2022年11月27日

バイオテロ~コロナワクチンは「狙って」製造された

↓この動画は多く拡散されているので皆さん見られたかも知れません。

odysee.com


━―━―━―━―━―━―━―━―━
同じ時期にある研究者が以下の訴えをしました。
バイオテロ~危険性を認識し隠す厚労省

コロナウイルス

ワクチンの効果は限定的で、時間が経つと逆効果になります。

ワクチンでついた免疫が自分の身体を攻撃します。

オミクロンは充分弱毒です。

 

COVID-19の変異株オミクロンは、人工ウイルスである。

とすると最初の武漢研究所から出たウイルスも同様に人工ウイルスである。

は日本でも分子生物学会でも発表できるくらいになりました。

(人工ウイルスであるとする)論文も出ています。

これは来年くらいから議論されるでしょう。

 

┃コロナワクチン

コロナを知っている人間からすると、(この遺伝子ワクチンは)あり得ない。

スパイクタンパク質を狙うのはリスクが高い。

どうしてそれを狙ったのか?

僕自身はやっていませんが

教え子らは医師としてコロナワクチンを造ってきた側、しかし難しい。

完璧な効果を期待できるワクチンの製造は難しい。

 

■このワクチンは、バイオテロを起こす事が可能

今回のワクチンはスパイクタンパクを狙ったもので、極めて危険。

逆に脆弱になる可能性がある。

つまり、まずワクチンで抗体があがるが…

僕達の技術からすると

ワクチンを打って抗体を上げておいて、
次に、その
抗体を上げた人達だけを狙って殺すバイオ兵器を造れるのです。

北朝鮮でも安価で作れるから。

約二週間ほどで出来てしまいます。

もしそれをやられたら、もう一巻の終わりです。

それが自然界でも出来る可能性があります。

悪意のある者(又は勢力)がこれを知れば、テロを起こせる。

だから抗体はなるべく上げないで欲しいとずっと言っています。

スパイクタンパク質で抗体を上げたところで、感染予防効果は先ずない。

何故ならば感染予防はIGAでやるものだからです。

今回のワクチンは血中のIGG抗体を誘導するものだから感染予防効果はない。

仮に重症化を防ぐ効果があったとしても、変異したら逆効果になる。(直ぐにウイルスは変異する)

だから武漢型が流行っている時に武漢型ウイルスのワクチンを打つとその時は良いが

デルタ株やオミクロンに変異すれば、逆に感染し易くなる。

 

厚労省は統計の詐欺もしていた。

接種して感染した人を、接種していないグループに加算していた。

 

今回のワクチンは、脂質膜の中に入っているので、色んな細胞に入り込める。

打った付近の細胞や、血中に流れ様々な臓器を侵す。

しかしワクチン推進する側は「血中には流れません。リンパ節にトラップされます」と言った。

ところがファイザーのデータが出ていて、それを見ると

血中に流れていた。

更に脾臓、肝臓、副腎に取り込まれる。そして、驚くべきことに

卵巣に沢山入るのです。

そのラットの実験はピークに達する前に、48時間で打ち切ったのです。

その時の値が、リンパ節より遥かに上だったのです。

つまりリンパ節に全部トラップされるどころか、

卵巣や脾臓、肝臓、副腎に蓄積する。

すると何が起こるか?極めて簡単

スパイクタンパク自体に毒性があり、それで血管や細胞が傷害されるという事が起こる

という事は後から分かったのですが

更に深刻な事は

  • コロナに感染した人がワクチンを接種した場合、

もう、最初からワクチンを取り込んだ細胞(卵巣や脾臓、肝臓、副腎)が攻撃されてしまうのです。

一方

  • コロナに感染していない人がワクチンを接種した場合、

二回目の接種から、そのワクチンを取り込んだ細胞(卵巣や脾臓、肝臓、副腎)が攻撃されてしまうのです。

三回目なんて、もっと攻撃されますよ!
(グラフ…接種者のほうが感染しやすい)

 



つまり、自分の健康な細胞が、スパイクタンパクによって攻撃される

という致命的な欠陥がある。

 

更にその後出てきたデータが、もう驚愕な内容がドンドン上がってきた。

・自然免疫が下がる

・制御性T細胞(Tレグ細胞)が上がる、つまり免疫力を弱める






 

更に、驚愕のデータは

・スパイクタンパク自体がエストロゲン受容体(女性ホルモンの一つ)に結合する。

そして、シグナル伝達する。

乳がん卵巣がんなどエストロゲンに依存して増殖するが、

このワクチンを乳がん卵巣がん患者に接種すると

乳がん卵巣がんに取り込まれる可能性がある。

いいでしょうか…普通のコロナウイルスは、そういう受容体の無い所には入りません。

ウイルスは特定の細胞にしか入りません。

しかし、このワクチンは、全てに入る。

すると癌の人が打った場合、癌のスイッチを入れてしまうのです。

しかもエストロゲン受容体のスイッチは、核内のあるのです。

スパイクタンパク質が、細胞核に入る事が確認されたのは今回が初めての事です。

前代未聞!

コロナウイルスは多々あれど(60~70個)同じ例は他にはない。

その原因を探ると、ナント

4塩基挿入があったのです。

アミノ酸挿入、12塩基挿入

偶然ですか?これ! 偶然にこんな事あるの!?

他のコロナで例はない。

細胞核に入るスパイクタンパク

 

今回のオミクロンも解析すると

変異とは通常はランダムに起きる筈なのに、もう狙った所に入れたとしか思えないのです。

貧しい国でも、安く作れるのでバイオテロは実行可能。

何より今回日本も、そのバイオテロを仕掛けられた可能性がある。




陰謀論ではなく、

今の我々(ある大学の化学研究所)では、もうそこ迄解析した。

実は我々のラボでも別の角度から

「これは人工物」という証拠を見つけてしまいました。

 

しかし

コレを

発表する術がないのです。

何故か?

殺されるから。…ホントに。

 

で、コレをどうするか?という問題を今、水面下で

色んな国と議論しています。裏でね、もうぶっちゃけた話。

今、いいですか?

今、(正義感に燃えて)ワクチンを研究してしまったら逮捕される、という事ですよ。

こんな事で良いのでしょうか?

安全性の試験をやろうとしたら逮捕される。

何故か?秘密契約を結んでいるからです。

「ワクチンの成分を調べてはならない」

という事になっているのです。

我々は非常に困っているのです。

僕が独り身だったら一応構わないのですが

家族もいて、(大学で自分が教えている)学生達もいる。

独り身なら、牢獄に入っても良いが

現実は、多くの人に迷惑がかかるのです。

つまりどういう事か

政府が秘密契約を結んでいる為に、

ワクチンの安全性の研究とか、内容物の研究が出来ないのですよ。

 

厚労省は全て知っている

厚労省が公表しているデータは

品質管理や安全性の箇所は、真っ黒に黒塗りされている。

だから一般の研究社は検証が出来ない、

しかし、厚労省は全てを認識し、そのデータを持っている。

…という事は、即ち

人体に(命に関わる)危険なロットと、比較的マシなロットを

厚労省は認識しているという事です。

そして、これを、

意図を持って恣意的に運用可能な立場にいる。

悪い事をしていないなら、データを堂々と見せれば良いではないか!?

しかし、隠して見せない。

良いのですか?これで。

同一のロットで、沢山被害が出ている。

しかし、厚労省は偶然だと言って逃げる。

だが一ロットは、50万ショットもある。

50万ショットも、同じ病院に行くのか?そんな事はあり得ない。

被害は、違う都道府県で起こっている。

副反応部会は、この現象を『偶然だ』と言い逃れをした。

このような事が許されるワケがないだろう。

 

過去の教訓があり、我が国では薬害を阻止するメカニズムがあるが

しかし今回、その仕組みが一切作用していない(ように見える)。

これは極めて重大な問題。

 

今回コロナ対策費が百何十兆円と出ている。

その内、使途不明金が十数兆円ある。

ロッキード事件では5億で逮捕された。今回、十数兆円だ。

 

ある病院でコロナ対策をした月に売上が2.4倍となった。

不幸なコロナを餌に、医者は儲けられる仕組みとなっている。

コロナ騒動の背後には、巨大な利権がある。

 

三日程で心臓が止まるケースが非常に多い。

私の周りで沢山居る。しかし国は、「因果関係不明」という。

 

 

 

これらを安全に調べられる仕組みを国は作って欲しい。

私(大学の教員)がやると「殺される」のが、今の日本。

これは、どういう事ですか!?