巨大な不正

2020年11月7日

昨日もいつも通りの方法でシャワー浴した。夕食後にお通じがあった。夜になってフェイスブックを見るとYouTube
ある動画が紹介されていた。ケント・ギルバートがゲスト招いてお互いにアメリカ人同士なのにわざわざ日本語で
今回のアメリカ大統領選の事を話していた。明らかにおかしいと2人とも主張している。ゲストはトランプ支持派ではないが、
不正な方法で投票や開票がされているそうだ。投票率が100%を超えていること自体がおかしい事だそうで(当たり前だが)
バイデンが郵便投票で不正な投票をしたのは確かだそうだ。ウィスコンシン州ミシガン州で各々、夜中に1時間の間に138,000票の
バイデン票だけがカウントされていて不正投票や不正開票があったのは明らかだと言っている。だからとらんぷが
以前から郵便投票は不正投票に繋がると反対していたのだ。結局選挙ではバイデンが勝ってもトランプが最高裁に訴訟する
だろうし、それで決着がつかなければ、来年1月の新しい下院議員による州1票の投票で決めることになり、今回の下院銀選挙で
共和党が大幅に議席を伸ばしたので、トランプが再選される事になるそうだ。またバイデンは中国に金玉を握られていると
言っていた。要するにバイデンは超多額の献金を中国から受けていて(家族ぐるみで)もうすでに弱みは握られているのだ。
いくら真実が明るみに出てもメディアは報道しない。トランプが各テレビ局の会見で証拠を示さなかったと言って中継を
次々に止めたと日本のメディアは報道しているが、逆に証拠を出しそうになったので慌てて中継を止めたのが正解だろう。
アメリカのメディアではフォックスニュースなどのようにまともなメディアがいるからまだいいが、日本にはそれがない。
真実はシャットダウンされていて、みな洗脳されている。要するにメディアは真実を知られるのが怖いのだ。自分たちが大ウソを
ついて来たからバレるのが怖いのだ。戦前戦中の事を悪く言っているが、自分たちも同じような事をしているではないか。
日本もアメリカのメディアも大本営発表と同じ穴の狢だ。腐りきっている。
今日もマスクをして車で買い物に行った。雨が降っている。帰宅して買い物を収納した。パソコンでフェイスブックをチェックした。
アメリカ大統領選挙速報でまたしてもトランプ優位だった州がまたバイデン優位になっている。もうこんな茶番は止めにしよう。
篠原常一郎が暴露していた。中国で印刷された偽物の投票用紙がカナダ経由でアメリカに入って来てバイデン側はそれを郵便投票に
よって不正にバイデン票として投票したそうだ。何台かのトラックがカナダ国境で捕まって差し押さえられているそうだ。
本物の投票用紙には小さなGPSチップが付いていて捨てられたのなら場所が特定できるが、開票をやり直すには1年間かかるそうだ。
どうも今回の開票速報を見ていて腑に落ちない点が多々あって、これは中国式の不正の方法によく似ていると思ったらやっぱり
背後に中国があった。中国共産党は何が何でもどのような汚い手を使ってもバイデンを当選させようと必死なのだ。孫子の兵法だ。
要するにトランプに再選されたら困るから自分たちの息のかかったバイデンを当選させたいのだ。どうやら最高裁に持ち込んでも
開票のやり直しに1年も待っておれないので、下院議員による投票でトランプが再選する事になりそうだ。バイデンは調子に乗って
墓穴を掘ってしまった。
今日の明け方母が何回も夢に出て来た。母の住んでいた家で入浴したり、色々と喋ったり、私が母に布おむつをしたりなどなど
母が5,6回登場した。心配しんさんな。私が何とかしてあげると言いたかったのだろう。母宅に上がってお参りした。
報告とお礼をした。帰りに落ち葉を拾って45リットルのビニール袋に入れた。帰宅して手を洗った。
昼の薬を飲んで洗濯物を収納した。昼食を食べてアマニ油を飲んだ。どんどんとバイデンの不正が出てくるが、メディアは
ダンマリだ。アメリカのメディアも日本のメディアも同じ穴のムジナだ。自分たちに都合が悪いとダンマリを決め込む。
テレビや新聞の報道を鵜呑みにしてはいけませんよ。大ウソばっかりだ。よくも大ウソが言えるなあといつも呆れている。

 0